Open Network Labが第18期プログラムのデモデイを開催、オンラインで不動産の相続手続を効率化する「e-相続」が最優秀賞を獲得

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.4.11

東京のスタートアップ・インキュベータ Open Network Lab は11日、Seed Accelerator Program 第18期のスタートアップを披露するデモデイを開催した。このバッチには、日本の内外から合計91チーム(うち15%が海外)のエントリがあったが、中から7チームが選抜され3ヶ月間にわたってメンタリングや支援を受けることとなった。

なお、7チームのうち、ステルスや要追加検証などの理由で3チームについては公開されず、4チームがデモデイでピッチした。デモデイの最後には、主要メンターやデモデイに参加した聴衆らによる審査投票でチームを表彰した。

デモデイでは、以下の審査員4名による審査をもとにチームが表彰された。

  • 林郁氏(デジタルガレージ 代表取締役社長兼グループCEO)
  • 畑彰之介氏(カカクコム 代表取締役社長)
  • 村上敦浩氏(カカクコム 取締役)
  • 上原健嗣氏(DG インキュベーション マネージングディレクター)

【Best Team Award】【Audience Award】e-相続 by マーク・オン

マーク・オンの開発する「e-相続」は、手続が非常に煩雑とされる不動産の相続手続を効率化するサービスだ。不動産の相続手続は、必要な書類が非常に多く、これらの書類を取得するには役所・法務局・都税事務所など複数の異なる機関に出向く必要があり、さらに、相続手続のための書類を申請するのも非常に面倒だ。e-相続では、ワンストップで複数の書類を一括で取得依頼でき、申請の自動作成も可能。

従来の相続手続では3ヶ月かかる平均所要時間を2週間にまで短縮が可能。司法書士に依頼することもできるが、e-相続では、それよりも安く早く対応することが可能になるという。クローズドβ版ローンチ後2週間で50名のユーザを獲得し、うち4名は課金ユーザに以降。最短のケースでは8日で登記が完了したという。相続物件の売却を考えるユーザには、不動産事業者への送客にも対応する。

【審査員特別賞】カラバト by aboon

10代の創業メンバーで構成されるチーム aboon は、ユーザ同士が対戦できるカラオケアプリ「カラバト」を開発。既存のモバイルカラオケでは、60秒以上のフルコーラスを歌い切る必要があるが、TikTok などの動画共有アプリの浸透により、コンテンツの縮尺化が進む中、若年層はスマートフォンでカラオケするため、彼らの希望するユーザ体験には合わない。

カラバトは、楽曲のサビ部分など15秒間のワンフレーズを歌うだけで、他のユーザとの対戦を実現する。α版をローンチしてから2週間で366人のユーザを獲得、ユーザの平均滞在時間は12分に達した。広告掲載のほか、ボイスエフェクトやアバター機能などのアプリ内課金でマネタイズを計画している。

Homekuru by Homekuru

Homekuru は、外国人をターゲットにした賃貸物件不動産ポータルサイトだ。土地勘の無い都市のどの地域に住めばいいかを選ぶための参考情報、事前に入居条件を提示し、内見から入居までの時間と手間を効率化する。誤って工場地帯に家を借りてしまい、すぐに引っ越すことを余儀なくされたカナダ人、外国人であることを理由に内見を8回断られた英語教師などの経験がきっかけに開発された。

一般的な物件情報に加え、ユーザ発信の治安情報、住民属性などの周辺レビューも提供。パスポートの情報など必要情報をサイト上からアップロードすることで、来日前・内見前に事前審査が依頼することも可能だ。

HIX by エムボックス

HIX」は、CureApp 出身で薬剤師の創業者らで構成されるチームが開発した、男性型脱毛症(AGA)に悩む人のための自己管理アプリだ。AGA 症状を持つ人のうち、セルフケアに依存する人(医療機関にかかっていない人)は1,000万人いるとされ、彼らは年間平均5万円を育毛剤の購入などに費やしているが、61%は自分に合った対策はわからないと答えている。

HIX はモバイルアプリと専用のマイクロスコープで構成され、撮影した髪の毛や頭皮の画像をもとに問診を受けることができる。画像をもとに AI が分析を行い、髪や頭皮の状態を客観的な情報で評価できるのが特徴。さらに、医師が開発したアルゴリズムにより、具体的な対策も提示する。市販医薬品の販売、医療機関への送客、メーカーへのデータ販売などでマネタイズを計画。


Open Network Lab プログラムディレクターの佐藤直紀氏によれば、今回の第18期の修了を受け、Open Network Lab は通算で104組のスタートアップを輩出したことになる。また、前回第17期までの輩出スタートアップのイグジット率は10.9% に達しているとのことだ。

第18期デモデイの開催とともに、第19期への応募受付が開始された。第19期への申込締切は、5月27日の正午となっている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------