インドネシアのEコマース・ユニコーンBukalapak、国際展開に向けて「BukaGlobal」をローンチ

SHARE:
Bukalapak 社長 Fajrin Rasyid 氏

インドネシアの e コマースユニコーン企業 Bukalapak は、グローバルマーケットとインドネシアの400万以上の販売業者をつなぐ BukaGlobal を発表した。Bukalapak によると、インドネシアの e コマース業界でこのような試みを行うのは同社が初めてで、インドネシアの中小企業のデジタル化という同社のミッションに沿うものでもあるという。

BukaGlobal は現在、シンガポール、マレーシア、香港、台湾、ブルネイ・ダルサラームで利用可能で、その他の国でも間もなくサービスが開始される。

Bukalapak の共同設立者兼社長の Fajrin Rasyid 氏は次のように語った。

郵便局や配送業者の高額な配達料金など、地域が抱える物流の問題に対応するために BukaGlobal を作り上げました。小規模企業を経営する若い起業家の前には、アクセスやインフラ、コネクティビティの点でグローバル市場での競争を難しくする壁が立ちはだかっていますが、私たちはそれをなくしていきたいと考えています。

BukaGlobal の狙いは、インドネシアの製品を世界中のどこからでも手に入れられるようにすることである。

シンガポールは最初に BukaGlobal のサービスを開始した国である。Bukalapak はシンガポールを東南アジア地域の最重要拠点と見ている。インドネシアの駐シンガポール大使である Ngurah Swajaya 氏は次のように言う。

東南アジア地域でインドネシア製品を紹介するのに、シンガポールはぴったりの市場です。中小企業の可能性を引き出すには最適な戦略とも言えます。

Bain & Company のレポートによると、2022年までに、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムで5,000万人もの消費者が新たに中間層になり、その可処分所得は3,000億米ドルになるという。

このトレンドに乗るために、インドネシア政府は BukaGlobal で800万の中小企業がビジネスモデルを変革できるよう支援している。

インドネシア共和国の通信・情報⼤⾂ Rudiantara 氏は次のように述べた。

インドネシア政府では、職業プログラムやインターネットインフラの整備、企業と起業家向けのワークショップなど輸出産業拡大を促進・成長させるためのビジョンを掲げていますが、Bukalapak の新たな取り組みは私たちのビジョンに沿うものだと感じています。

BukaGlobal のすべての機能は2019年5月20日から利用可能で、シンガポール、マレーシア、香港、台湾、ブルネイ・ダルサラームの消費者は0.5キロ以上の製品を注文できる。配達にかかる日数は目的地によって約6~11日となっている。

現時点では、ジャカルタとタンゲランの認定販売者だけが BukaGlobal でサービスを提供できるが、今後販売者の数も増えていく見込み。

【via e27】 @E27co

【原文】