シンガポールで開催されたEchelon Asia Summit 2019で、産業用全自動ドローンシステム開発のH3 Dynamicsがピッチ優勝

SHARE:
Image credit: e27

シンガポールを拠点とする H3 Dynamics は、セキュリティ活用と産業資産の確認のためのドローン操作を自動化・簡素化するデジタルプラットフォームを提供している。同社は、Echelon Asia Summit 2019 で優勝したことが発表された。

また、もう一つのシンガポール企業で、ソーシャル販売プラットフォームを提供する Ecomobi は、2位の座についた。

両社は、Enterprise SG から、それぞれ5万シンガポールドル(約400万円)の助成金を受け取る。

また、H3 Dynamics は SIEGE のユニコーン杯も受賞した。SLINGSHOT への優先出場権も獲得した。SLINGSHOT は Startup SG の支援を受け、Enterprise Singapore が2017年に始まったスタートアップコンペティションだ。2019年11月11日〜13日に開催される SLINGSHOT は H3 Dynamics に対し、東南アジアのダイナミックなテックエコシステムで活躍し、さらに多くの賞を獲得できる機会を提供する。

Image credit: e27

優勝および2位を逃したものの、TOP100 に残ったファイナリストには、小さな杯が e27 CEO の Mohan Belani 氏から授与された。

2013年に設立された H3 Dynamics は、最先端の AI、ロボティクス、エネルギー保存技術が可能にした、産業資産のセキュリティと維持確認のためのドローン操作を、完全に自動化・簡素化するデジタルプラットフォームだ。

Ecomobi は、e コマース企業によるソーシャルネットワークでの直販の支援を目指している。Ecomobi のアルゴリズムを使うことで、ソーシャルインフルエンサーは、アクセスしてきたフォロワーを e コマースやブランドにつなぎこむことでマネタイズが可能になり、顧客獲得単価や収益も最適化される。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------