空席情報配信サービスのバカン、事業会社を中心に5社から7.9億円を資金調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.6.11

VACAN の皆さん
Image credit: Vacan

AI や IoT を活用した空席情報配信サービスを提供するバカンは11日、直近のラウンドで7.9億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、NTT 東日本、清水建設(東証:1803)、ティーガイア(東証:3738)、JR 東日本スタートアップ、Scrum Ventures。バカンにとっては、2018年6月に実施した Scrum Ventures と REALITY ACCELERATOR からの1億円の調達に続くものとなる。

VACAN は、トイレが使用中かどうかや小売店舗の混雑情報など、ありとあらゆるリアルタイム空席情報を収集し提供するスタートアップだ。マニュアル入力、センサー、さらに人工知能を組み合わせることで空席情報を取得。ウェブブラウザはもとより、街中のデジタルサイネージ、ネイティブアプリなどで情報提供する。

横浜のジョイナスで採用されている、空席情報を知らせる「VACAN」のサイネージ
Image credit: Vacan

これまでに空席検索プラットフォーム「VACAN」、日経との協業により東京・大手町周辺で弁当の取り置き予約と事前決済ができる「QUIPPA」、トイレ空席検索アプリ「Throne」を提供している。VACAN の実例として、横浜にある2つの百貨店、相鉄ジョイナスと高島屋横浜店内の一部テナント店舗について、パソコンやモバイルで空席情報を確認することが可能

バカンは2018年2月、アクセラレータ Starburst の第4期デモデイで優勝。2016年9月には、「東急アクセラレートプログラム」第2期デモデイで NewWork 賞を獲得した。バカンでは今回調達した資金を使って、開発体制、営業体制、マーケティングを強化するとしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------