製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業

SHARE:
IoT / M2M 展に出展したスカイディスクのブース
Image credit Skydisc / Osamu Hashimoto

製造業に特化した人工知能と IoT を活用したサービスを一気通貫で提供するスカイディスクは18日、シリーズ C ラウンドで総額8.6億円を資金調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、SBI インベストメント、ERP ベンダーの AJS(旧 旭化成情報システム)、水処理関連で設備工事大手の中島工業、東海地域に広い商圏を持つ鈴与商事、りそなキャピタル、環境エネルギー投資、みずほキャピタル、DG Daiwa Capital(デジタルガレージと大和証券の JV)の8社。

DG Daiwa Ventures、環境エネルギー投資の2社は、前回ラウンドからのフォローオン。これは、スカイディスクにとっては、2016年1月に実施したシリーズ A ラウンド(VC 3社から1億円)、2017年10月に実施したシリーズ B ラウンド(7社から7.4億円)に続くものだ。今回の調達を受けて、これまでに公開されている外部からの資金調達の累積額は17億円となる(なお、同社のウェブサイトに記載された資本金の推移によれば、これら以外に通算2,500万円程度の調達を行なっているようだ)。

今回参加した投資家のうち、AJS、中島工業、鈴与商事は事業会社であるため、これまでにスカイディスクが締結した業務提携に関連したものとなる。AJS とは主に旭化成グループの工場で AI 活用による化学製品の品質向上、中島工業とは工場向け水処理装置に AI を組み込んだパッケージ商品の開発、鈴与商事とは FA(ファクトリーオートメーション)機器と AI サービスを組み合わせたビジネススキームの開発で、スカイディスクはそれぞれの社と協業している。

スカイディスクでは今回の調達を受けて、製造業向け AI 開発を推進する AI エンジニアの採用強化と開発ツールの整備を進めるとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------