多言語化サービス提供のWOVN、文書をオンラインストレージに入れるだけで多言語化される「WOVN Workbox」を発表

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.6.19

Globalized 2019
Image credit: Wovn Technologies

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

各種多言語化サービス「WOVN.io(ウォーブン・ドット・アイオー」を提供する WOVN Technologies(以下 WOVN と略す)は19日、新サービス「WOVN Workbox(ウォーブン・ワークボックス)」を発表した。同社が19日、都内で開催されたカンファレンス「GLOBALIZED 2019」(日経 BP 総研主催、WOVN  協賛)中で明らかにした。

Image credit: Wovn Technologies

このサービスは DropBox や Box などのように、クラウド上の共有されたスペースにファイルをアップロードすることで、そのファイルが自動的に多言語化されるというものだ。オリジナル言語のファイルが改変されると、その部分について、翻訳されたファイルにも改変が反映される。

サービス開始は8月を予定しており、当社ファイル形式として Word、PowerPoint、Excel、テキストファイルに対応(追って、PDF にも対応予定)。日本語、英語間の翻訳に対応する(中国語も近日対応予定)。クラウドとのファイル同期に要するソフトウェアは、Mac OS X 10.10 以降、Windows 10 以降に対応予定。料金体系は明らかになっていないが、月単位の定額制で提供される見込みだ。翻訳結果は AI によるレビューの後、ネイティブスピーカーがチェックを行う。

Image credit: Wovn Technologies

WOVN では、WOVN Workbox がクラウドツールなどを使って日常的に事業を行う、多国籍人材がいるオフィス環境を想定している。社内文書、顧客提示資料などを多言語化することで、ビジネスにおける言語障壁を排除することを狙う。日本では労働人口の減少やビジネスのボーダレス化に伴い、オフィスにおける外国人労働者の増加は必至。これまでの WOVN.io で企業が対外的にアプトプットする情報の多言語化のみならず、社内業務の多言語化に対応した汎用サービスに着手した格好だ。

WOVN はこれまで、SBIグループの稟議承認システム「承認Time」と連携し、社内稟議の多言語化にも対応してきた。Workbox のようなオンラインストレージのみならず、さまざまな SaaS + 多言語化ツールや、他社 SaaS との連携なども期待される。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------