航空券をダイナミックプライシングにする「Flyr」が1000万ドル調達ーーピーターティールなどが支援

SHARE:
Capture
FLYR Co-Founder and CTO Alexander Mans presents in the 2018 ATPCO Bridge Labs Innovation Showcase

ピックアップ:Flyr raises $10 million for AI that helps airlines predict fares 

ニュースサマリー:トラベルスタートアップの「Flyr」は6月25日、シリーズBにて1000万ドルの資金調達を実施したと発表した。同ラウンドには、既存投資家のピーターティール氏のほか、JetBlue Technology Ventures、AXA Strategic Investors、Plug and Play、 Chasm Capital Management、Streamlined Ventures、 Western Technology Investmentが参加している。

同社は航空会社のオンライン予約サイト向けに機械学習を活用したダイナミックプライシングを可能とする「FusionFM」をSaaS型で提供している。同サービスを導入すれば、30以上もの航空会社における運行スケジュール、運賃体系、座席表・空席照会、競合他社の価格設定などのデータを標準化させ相互に関連付けることが可能になる。

また機械学習を利用し、顧客が航空券に合わせて付随する機内食やWi-Fiなどのプロダクト・サービスを購入させやすくなる価格設定やプロモーションなどを動的にバンドリングさせる機能も提供している。

Capture.PNG
FLYR Co-Founder and CTO Alexander Mans presents in the 2018 ATPCO Bridge Labs Innovation Showcase

同社は近年まで、航空券をオンラインで販売する代理店(OTA)を対象に、航空券の価格を固定できるFareKeepという機能を提供していた。同サービスすればユーザーは、20ドル以上の手数料を支払うことで航空券の価格を1週間固定することが可能になるもの。仮に手数料以上の価格変動が発生した場合は、その価格で航空券を購入することが可能で、「航空券の保険」と称されていたが、サービスをピボットし、現サービスへとたどり着いた。

<参考記事>
商品選択の必要がない”事前予測時代”をどう生き抜く?ーー「航空券の保険」FLYRが採用する価格固定の方法(前編)

Flyrはこれまでにおよそ2500万ドルの資金を調達しており、社員数は85名に達する。

話題のポイン:機械学習を用いて、航空会社向けにダイナミックプライシングプラットフォームを提供しているFlyr。今回シリーズBにおける調達を最初に報じたトラベルスタートアップメディアKambrによれば、現段階において北米・東南アジア、中東、オーストラリアにおけるLCC・航空会社の計5社と契約を結んでいるとしています。また、2020年までにはこの倍となる10社との契約を目指していると述べています。

Capture.PNG
FLYR

上図はFlyrプラットフォーム「FusionRM」におけるUIの一例です。航空会社におけるあらゆるデータを一カ所に収集して購買需要予想、価格の最適化、そして総合的なパフォーマンスレポートとアナリティクスを統合して進めることが可能になっています。

同プラットフォームの大きな特徴はパーソナライズ化が容易な点です。航空券購入の際に収集する個人情報(パスポート番号、氏名や国籍など)と顧客行動を直接的に結び付け価格設定や需要予想へ役立てるという仕組みです。

Capture.PNG
FLYR

とはいえ、完全なパーソナライズ化を目指しているわけではないことをKambrのインタビューにて強調していました。

「隣の席に座っている2名同士が、同じ出発地点から目的地までに移動するのに違った価格設定を表示してしまうと航空ブランドとしての信頼を失ってしまう」。

このような事態に対応するべく、Flyrでは同じ条件で検索をかけた(例では20分間の差としていた)ユーザーに対しては事前に購入したユーザーに提示した価格条件をキャッシュとして返す仕組みを取っています。日本においても、日本航空とNECが共同で航空券の購入予想分析自動化に関する実証実験を2017年より開始しています

----------[AD]----------