報道テクノロジーのJX通信社がグローバル・ブレインなどから5億円を調達、SNSのリスク速報「FASTALART」拡大へ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.7.12

2F08E048-DFB3-4D5B-843A-2036F5395558

報道テクノロジーを手がけるJX通信社7月11日、グローバル・ブレインをリードとする第三者割当増資の実施を公表した。SBIインベストメントもこのラウンドに参加し、調達した資金は総額5億円。出資の比率などの詳細は非公開。同社の累計調達額は14億円となった。これに伴い、グローバル・ブレインの百合本安彦氏が社外取締役に就任する。

調達した資金でリスク情報SaaS「FASTALERT」の開発など事業拡大を推進する。FASTALERTは、ソーシャルネットワーク上に拡散する災害や事故、事件などのリスク情報を収集し配信するサービス。2016年9月の公開後、約半年で全ての⺠放キー局とNHKで採用される。2018年には日本新聞協会の技術開発奨励賞を受賞。現在は全国のテレビ局や新聞社、警察、 消防、自治体などが採用しているほか、ソーシャルメディア上の速報の重要性を感じる企業などへの導入も進んでいる。

via JX通信社

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------