世界3位の巨大市場インドで激化するフードデリバリー競争ーー「Fassos」運営が1.25億ドルを追加調達

SHARE:
assorted cooked food on tray
Photo by Engin Akyurt on Pexels.com

ピックアップFaasos’ parent Rebel Foods raises $125M from Goldman Sachs, Go-Jek, others

ニュースサマリー:7月31日、ムンバイを拠点とし、インド全土にサービスを展開するフードデリバリーサービス「Fassos」を提供する「Rebel Food」は、今年3月に実施したシリーズDラウンドの追加調達を公表した。初回の11億ドルに加えて今回調達した額は1億2500万ドル。出資者はインドネシアのフードデリバリーのユニコーンGo-JekやGo Ventures(Go-jek傘下のベンチャー・キャピタル)、Goldman Sachsなどの新たな顔ぶれが揃った。

これまでSequoiaを中心としたベンチャー・キャピタルからの出資が中心だった一方で、今回Go-Jekからの資金調達を行った背景には、東南アジア・中東地域進出への戦略的意図があるとされている。

話題のポイント:Go-JekやGrabfood、Ubereatsなど、東南アジアや日本でもフードデリバリーサービスは非常に活気付いています。

<参考記事>

しかし当然ながら、巨大市場インドでの熱狂ぶりも非常に大きく、Fassosの競合となるユニコーンやスタートアップはインド国内に多く存在しています。

有名どころのユニコーンスタートアップとしては、SwiggyやZomato、Uber(Ubereats)が好例です。昨年末には、Swiggyが10億ドルの調達を実施してユニコーン企業の仲間入りを果たしたかと思えば、今年に入ってから、zomatoは約70億ドルの調達を実施しています。最近ではホテルサービスのOYOもフードデリバリーに参入するとの報道がありました。

 

Screenshot 2019-08-04 at 1.44.09 PM.png
credit&source : Statista Research

<参考記事>

なおデータ企業のstatistaの調査によれば、フードデリバリー市場の合計収益は2019年から2023年にかけて、年率約13%の水準で上昇するとされており、今後もさらなる競争激化・市場拡大が見込まれます。なお、インドは世界の国の中でも、中国・米国に次いで3番目に大きなフードデリバリー市場であるとされています。

----------[AD]----------