歯科医院向けCRM提供のDentaLight、UB Venturesらから約6,000万円を調達——麻生要一氏が社外取締役に就任

SHARE:
DentaLight と UB Ventures のメンバー。
左から3番目が DentaLight CEO 藤久保元希氏、左から4番目が社外取締役に就任した麻生要一氏
Image credit: DentaLight

歯科医院向けの CRM ソリューションを開発・提供する DentaLight(デンタライト)は17日、UB Ventures や名前非開示の個人投資家から資金調達したことを明らかにした。調達ラウンドは不明。日経によると、調達金額は約6,000万円。同社は、2017年に1億6,000万円を調達(シードラウンド・シードラウンドのフォローオン、プレシリーズ A ラウンド)しており、昨年末時点の累積調達金額は3億円。

DentaLight は2013年10月、歯科コンサルティング業を営んでいた藤久保元希氏(現 CEO)が設立。歯科医院が患者に対して予防治療を含めたリテンションツールとして使える CRM ソリューション「ジニー」、診療画像管理ツール「ジニー Memory」、患者に対し予約時間のリマインド告知などで通院のモチベーションをもたらす「MyDental」を開発している。現在ジニーの導入先は現在160ヶ所前後で、全国の歯科医院の0.2%程度に相当。

DentaLight は調達した資金を使ってジニー、ジニー Memory、MyDental の開発を強化する予定。画像管理システムと連携したクラウドのデータ共有、レセコン(レセプトコンピュータ)と予約情報を紐づけた歯科医院の経営管理機能の拡充を行う。診断内容ごとの件数や売上高、新規患者の数や経路などのレポートを、年内をメドに自動作成できるようにする。

また、今回の調達と合わせ、UB Ventures のベンチャー・パートナー麻生要一氏が DentaLight の社外取締役に就任した。麻生要一氏は2017年、当時リクルートホールディングス R&D 本部 Media Technology Lab. 室長を務めており、この際に TECH LAB PAAK 第8期に採択された Denta Light に出会っている。

DentaLight は2014年、「歯科技工所.com」で第2回 GLOBIS Venture Challenge(GVC)で優秀賞を受賞。2017年には 500 KOBE ACCELERATOR 第2期に採択、2018年には福岡で開催された ICC サミット FUKUOKA 2018「スタートアップ・カタパルト」に選出された

via DentaLight

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録