Ant Group(螞蟻集団)、上海と香港で重複上場へ——今年最大規模、目標時価総額は2,000億米ドル

SHARE:
Photo credit: Ant Group(螞蟻集団)

Alibaba(阿里巴巴)のフィンテック関連会社 Ant Group(螞蟻集団)は20日、上海証券取引所の NASDAQ 型のテック株特化市場「Star Market(科創板)」と香港証券取引所への同時上場に向けた事務手続きを開始したと発表した。

重要視すべき理由:Ant Group は、今年最大規模の IPO で評価額2,000億米ドルを目指すと報じられている

  • Ant Group がこのような時価総額に到達すれば、世界で最も評価額の高いフィンテック企業となる。
  • 評価額が2,000億米ドルの評価額に達すれば、国有の中国銀行や中国建設銀行など世界の銀行の大半の時価総額よりも高いことになる。
  • 昨年、中国のテック企業の間では二次上場が盛んに行われたが、中国の民間企業が2つの証券取引所への同時上場を試みるのは今回が初めてのこととなる。

詳細情報:中国で最も人気のあるモバイル決済アプリ「Alipay(支付宝)」を運営する Ant Group は、上場発表のプレスリリースの中で、フィンテック企業以上の存在になりたいと考えていることを示唆している。

  • 発表によると、同社は「サービス業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するインフラとプラットフォーム」の構築を目指しているという。
  • Ant Group は、IPO で得た資金を中国でのサービスのデジタル化をさらに進め、グローバル市場への進出、研究開発への投資に充てるとしている。

公開企業になることで、顧客、ビジネスパートナー、従業員、株主、規制当局などステークホルダーに対する透明性が高まる。(Ant Group チェアマンの Eric Jing=井賢棟氏)

背景:アナリストによると、2018年6月に実施した非公開資金調達の最後のラウンドでは、Ant Group の評価額は1,500億ドルに上昇した。

  • South China Morning Post(南華早報)の報道によれば、Ant Group の評価額を Bank of America は 2,100億米ドル、J.P.Morgan は2,180億ドルと見積もっている。
  • Ant Group は2020年初頭、株式の相対取引で2,000億米ドルの資金調達を目指していると報じられた。同社は当時、IPO の計画を否定していた。
  • ロイターは7月上旬、Ant Group が2つの同時上場の計画を断念したと報じた。Ant Group は「よりスムーズな上場プロセス」のため、香港のみでの上場を計画していたとロイターは報じた。
  • Alibaba などアメリカで上場する中国のテック企業の多くは、アジアの資本市場への参入を視野に入れ、この1年の間に香港での二次上場を発表している。
  • 7月16日には、中国のチップメーカー Semiconductor Manufacturing International Corporation(中芯国際)が中国史上最大級の IPO を行った。上海の STAR Market に二次上場した株式は200%急騰したが、香港の株価は同日17%下落した。
  • Ant Group の発表は、中国の証券取引所に地元企業を呼び戻そうとする 上海の STAR Market にとって大きな勝利である。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】