OYO、年内にもインドでIPOへ——欧州やインドで、コロナ禍の落ち込みから事業回復

SHARE:
Image credit: Oyo

<ピックアップ> Oyo aims for India IPO in 2021

インドのバジェットホテルチェーン「Oyo」の運営会社である Oravel Stays は、今年9月にも IPO 申請を出す計画であることが明らかになった。年内にの IPO を目標としており、すでに JP Morgan、Citi、Kotak Mahindra Capital といった銀行と交渉に入っているという。

新型コロナウイルス感染者の人数が減少、ワクチン接種率が改善される中、Oyo はインドやヨーロッパで事業を持ち直し始めている。現在、Oyo の売上の43%はインドと東南アジアから、28%はヨーロッパやその他の地域からもたらされているが、アメリカや中国についてはサービス切り離しを余儀なくされた。

インドのフードデリバリユニコーン Zomato が先月 IPO するなど、インドの IPO 市場は活況を呈しており、現在、Paytm、PoliccyBazaar、Nykaa、Mobikwik、CarTrade といったスタートアップが IPO に向けて準備中だ。Oyo は先ごろ、6.6億米ドルに及ぶデットファイナンスの枠を獲得したと報道された。同社はまた、資金調達について、マイクロソフトとも協議中である。

via The Economic Times

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録