Cerevoの取材と話題まとめ(随時更新)

Takeshi Hirano by Takeshi Hirano on 2016.5.9

image

Cerevoに関するTHE BRIDGEの取材記事や話題をまとめていきます。(随時更新)

代表取締役の岩佐琢磨氏は松下電器産業(現・パナソニック)出身

まとめ:6/13は「ウェブ大手出身CEOのスタートアップ」をお送りしました

Cerevo陣容の推移といつ何を「自前で」やってきたか

拠点は秋葉原にあるDMM.make AKIBA

DMM.make AKIBA オープン・フォトレポート

設備総額5億円、ハードウェアスタートアップ向け拠点「DMM.make AKIBA」公開、起業支援プログラムも

Cerevoクラウドファンディング活動

MakuakeがCerevoと業務提携、クラウドファンディングでの新製品開発を開発段階からサポート

Cerevoがネットとつながる鍵スイッチ「Hackey」をリリース、Indiegogoでクラウドファンディングを開始

CESでの活躍

Cerevoのスノーボード・バインディング「XON SNOW-1」、米Digital TrendのCESアワード(スポーツ部門)に輝く

Cerevoが音声解析するリスニングデバイス「Listnr」をInterphenomと共同開発、CES出展とKickstarterの掲載を開始

Cerevoがスマートスポーツ用品ブランド「XON」を発表、第1弾はスノーボード用プロダクト

共同開発で参加したListnr

kickstarterの一方的な処分ーー6万4000ドル(約765万円)を停止されたListnr、自力での製品化を目指す

ハードウェア「Listnr」の開発からオフィス空間まで手掛けるパラレルアントレプレナー江原理恵さんにインタビュー

大企業とスタートアップの挑戦ーーListnrは「環境音操作」という市場を創造できるのか?

国内のネット・ものづくり系スタートアップをリード

Cerevoが試作から量産まで対応するIoT開発モジュール「BlueNinja」を発表

「ハードウェアビジネスは今が攻め時」CerevoとMoffが考えるIoT時代のモノづくり [CNET Japan Live 2014]

20億円規模のものづくり系ファンドもーー #IVS で聞く、Cerevo新体制が描く「国産ものづくりの未来」とは

Cerevoが経営体制を一新、新たな資金調達も計画中か

Cerevoが経営体制を一新、新たな資金調達も計画中か

【ネット時代のものづくり対談】クラウドファンディングでハードウェアをつくる方法ーーABBALab小笠原氏×Cerevo岩佐氏

これまでのCerevo製品関連

「プロダクト戦略は少量生産のウイスキーメーカーと同じ」——Cerevoがビデオ・スイッチャーLiveWedgeをリリースへ

Cerevoがスマートフォンで制御する電源タップ「OTTO」の事前予約を受付開始