BRIDGE

タグ DoorDash

米国No.1のオンデマンドフード配達サービスへーーDoorDashが新たに6億ドルの資金調達を実施、バリュエーションは126億ドルへ

SHARE:

ピックアップ:DoorDash Is Now Worth $12.6 Billion After New $600 Million Investment ニュースサマリー:フードデリバリー事業を展開するDoorDashは23日、シリーズGラウンドにて6億ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家はニューヨークのヘッジファンドDarsana Capital Partnersが務める。今回のラウ…

スクリーンショット 2019-05-28 11.49.12.png

ピックアップDoorDash Is Now Worth $12.6 Billion After New $600 Million Investment

ニュースサマリー:フードデリバリー事業を展開するDoorDashは23日、シリーズGラウンドにて6億ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家はニューヨークのヘッジファンドDarsana Capital Partnersが務める。今回のラウンドにて同社のバリュエーションは126億ドルとなった。

同社は独自のアルゴリズムでオンライン注文した食事を届ける配達員「Dasher」とレストラン、顧客をマッチングするスタートアップ。近年では、Walmartと提携するなど食品配達以外の分野への進出を積極的に始めているのが特徴だ。

話題のポイント:DoorDashは今年2月に、シリーズFにて4億ドルを調達した際にはWalmartとの提携にフォーカスし同社の成長理由を探りました。

<参考記事>

創業5年で1500億円調達したデリバリー「DoorDash」ーー爆伸びの背景にあるWalmartとの提携を紐解く

さて、DoorDashのライバル企業といえばUberが提供するUber EatsやGrubHubが挙げられます。一見すると、Uberが業界にてシェア率を独占しているような印象を受けますが、Fortuneが公開したデータによれば、2019年1月の段階ではDoorDashが最もマーケットシェアを確保しているという結果を示しています

Capture
Fortune

上図ではDoorDashが全体の約27.6%、GrubHubが26.7%、UberEatsが25.2%といった結果を示しています。また、2社が年々シェア率を下げてきているのに対しDoorDashは着実に成長を遂げています。

これはやはり、同社が積極的に食品以外のマーケットリーダーとパートナシップを結んでいることが大きな要因なのではないでしょうか。

既述のように、2018年より同社はWalmartと提携を結び日用品の即時配達を開始しています。これは言い換えれば、全米において「Dasher」が活動出きる幅が一気に広がったことにも繋がっています。

加えて今年5月に同社は、「Days Inn」などの宿泊施設を運営するWyndham Hotels and Resortsとの提携を発表。宿泊者は、DoorDashを利用することで配送料無料にて、フードデリバリーを使用することが可能となりました。

日用品デリバリーをWalmartと共に、一気に拡大したことで絶対的なユーザー数・ユーザーへの認知度が向上したのはまぎれもない事実です。日ごろから利用してもらうことで、ユーザーのロイヤリティー度合いをアップグレードさせ、必要に応じてフードデリバリーを利用してもらう。この関係性を保つことで、同社は拡大を続けているのでしょう。

----------[AD]----------

創業5年で1500億円調達したデリバリー「DoorDash」ーー爆伸びの背景にあるWalmartとの提携を紐解く

SHARE:

ピックアップ:DoorDash Is Now Worth Nearly As Much As Grubhub After $400 Million Funding Infusion  ニュースサマリー:フードデリバリー事業を展開するDoorDashは22日、シンガポール政府ファンドのTemasekとDragoneer Investment Groupから4億ドルを調達したことを発表した。調達ラウン…

assorted color box lot on rack
Photo by Fancycrave.com on Pexels.com

ピックアップDoorDash Is Now Worth Nearly As Much As Grubhub After $400 Million Funding Infusion 

ニュースサマリー:フードデリバリー事業を展開するDoorDashは22日、シンガポール政府ファンドのTemasekとDragoneer Investment Groupから4億ドルを調達したことを発表した。調達ラウンドはシリーズFで、既存投資家のSoftbank Vision Fund、DST Global、Coatue Management、GIC、Sequoia Capital、Y Combinatorも参加している。同社は2013年に創業してから今までに総額14億ドル(110円換算で1540億円)の調達を完了している。

DoorDashによれば、2018年にはサービス対応都市を前年度までの5倍となる約3300都市で利用可能とした。今年1月には全50州でのオンデマンドデリバリーサービス対応を完了させている。

話題のポイント:DoorDashのライバルには、Uber EatsやGrabhubなどライドシェアリングサービスを展開している企業がいます。両者ともに、例えばチーズケーキファクトリーやデニーズ、そしてローカルのレストランとタッグを組むことでシステムが成り立っています。

もちろん、細かいところで両者における差異はあるのですが、DoorDashの大きな違いはレストラン以外(料理)ともタッグを組み、即時デリバリーを模索している点にあります。例えば、昨年4月にはWalmartととのパートナーシップを発表し、スーパーの商品を配達する事業へ参入しています。

Walmartでは「Walmart Grocery」というサービスを提供しています。これは、利用者が事前にネットで注文を済ませることでWalmart側が事前に店舗にて商品を準備をしてくれるサービスです。消費者が車で店舗へピックアップに行くだけで、オーダーした品物を車のトランクに積んでくれるため、一度も外へ出ることなく買い物を終わらせることができます。

DoorDashとの提携によって、このWalmart Groceryを店舗へ直接行かなくても商品を受け取ることが可能となりました。仕組みは簡単で、DoorDashの配達員がドライバーとなって、Walmartの商品を購入者の自宅まで運んでくれるといったフローです。なお、同サービスを利用するためには30ドル以上の購入と、配送手数料として9.95ドルが加算されるので、まさにアメリカンな「爆買い」向けのサービスと言えます。

IMG_20170904_230654.jpg
筆者がシアトルにて撮影のAmazon Fresh Pickup Location 

さて話変わって、Walmartが今月19日に公開した同社Q4(2018/11-2019/01)決算書を見てみると、まず全体の売上高が前年同期比で1.9%増加の約1388億ドルであることがわかります。また、同社連結純利益である”Consolidated net income attributable to Walmart”は前年同期と比べ69.5%も増加し、最終的には36億8700万ドルとなっています。

Capture.PNG
Credit: Walmart inc.

この背景には、上述したようなインターネットを通したオンライン販売やDoorDashとの連携技で生み出した、完全デリバリー型のサービス提供がありそうです。

下図の決算書ハイライトでは、一番最初に売り上げに貢献した要因として「Pickup & Delivery and eCommerce ship-to-home」がキーワードとして挙げられており、DoorDashとの取り組みがこれを指していることは明らかですね。

Capture.PNG
Credit: Walmart inc.

WalmartとDoorDashとの取り組みは今後も対応地域が増えていくことが想像できます。
下図は、Walmartの2020年における各指標ですが、大きな枠組みとして「Walmart U.S. grocery pickup and delivery」に触れられており、3100店ものピックアップロケーションの設立また1600店でのデリバリーサービスの確立が2020年の目標とされています。

Capture.PNG
Credit: Walmart inc.

オンデマンドデリバリーのスタートアップ・サービスは国内でもいくつか立ち上がりましたが、その多くは撤退したり小さなビジネスに留まっている印象があります。マーケット規模が違うことは前提ですが、その中でどういう勝ち筋があるのか引き続き動向に注目が集まります。

----------[AD]----------

DoorDashのフードデリバリサービス、TripAdvisorから利用可能に

SHARE:

レストラン料理のオンデマンドデリバリープラットフォーム DoorDash が TripAdvisor と統合される。これによりユーザは TripAdvisor のウェブサイトや携帯アプリから直接、料理を注文することができるようになる。 2013年に設立され、サンフランシスコを本拠とする DoorDash は現在、米国とカナダの1,000超の都市でサービスを展開している。TripAdvisor は全…

TripAdvisor-Launch-Img-Desktop
TripAdvisor のサイトに組み込まれた DoorDash

レストラン料理のオンデマンドデリバリープラットフォーム DoorDash が TripAdvisor と統合される。これによりユーザは TripAdvisor のウェブサイトや携帯アプリから直接、料理を注文することができるようになる。

2013年に設立され、サンフランシスコを本拠とする DoorDash は現在、米国とカナダの1,000超の都市でサービスを展開している。TripAdvisor は全世界で約5億人の月間ビジターが同社サイトを訪れているという。オンデマンドデリバリー業界の競争が激化する中、ユーザの目に触れる機会を増やそうとしている DoorDash にとって TripAdvisor との提携は意義深いものである。

今回の統合は TripAdvisor にとっても大きな意味がある。このプラットフォームは、ユーザがレストランの料理を注文したり、席を予約したりする前にレストランのレビューを確認しようと何百万という人が最初に訪れるサイトであるからだ。

TripAdvisor Restaurants の主要顧客部門を率いる Evan Becker 氏は次のように話している。

DoorDash との統合により、注文者の方がどこにいようとも、ネットで料理の配送を予約して配送してもらえるのがより便利になるでしょう。この提携により、レストラン経営者にとっても当社ウェブサイトで閲覧される機会の増加につながります。

main1
TripAdvisor を通じてオンライン注文できる The Cheesecake Factory

ただし、実際の取引が TripAdvisor の内部で行われるわけではないことに注意が必要である。昨年統合された GrubHub と概ね同じように、「オンラインで注文」のオプションは DoorDash にリンクされるため、利用者はそこで注文することになる。

TripAdvisor によると、今回の提携により、オンライン注文のリンク数は DoorDash 経由で掲載される2万4,000超のレストランに増える。

DoorDash は数ヶ月前、新たな受け取りオプションに加えて、配送料無料でフードデリバリーを受けられる月10米ドルのサブスクリプションプラン「DashPass」をローンチした。DashPass は、TripAdvisor のプラットフォームを経由してなされる注文にも対応予定。

DoorDash は設立以来、7億米ドルを超える資金を調達してきたが、その大半は今年の5億3,500万米ドルの現金注入が占める。オンデマンドデリバリーを提供している主な競合には、いまなお業容を拡大している Uber Eats のほか、最近3億米ドルもの巨額資金調達ラウンドをクローズした Postmates、2億米ドルを調達した Instacart、最近4,000万米ドルの投資に Google が加わった当日配送サービスの Deliv などがある。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

DoorDash、無料配送と新たなピックアップサービスで月10米ドルのサブスクリプションを開始

SHARE:

オンデマンドのレストラン料理配送プラットフォーム DoorDash は本日(8月8日)より、サブスクリプションプランと料理を早く受け取れるピックアップサービスを開始した。 DoorDash はここ数ヶ月、マンスリーサブスクリプションプログラムの実験を行っていたが、月9.99米ドルの「DashPass」サービスを正式に開始した。顧客は15米ドル以上の注文をすれば送料が無料になる。 DoorDash …

DashPass-In-App
DoorDash の DashPass

オンデマンドのレストラン料理配送プラットフォーム DoorDash は本日(8月8日)より、サブスクリプションプランと料理を早く受け取れるピックアップサービスを開始した。

DoorDash はここ数ヶ月、マンスリーサブスクリプションプログラムの実験を行っていたが、月9.99米ドルの「DashPass」サービスを正式に開始した。顧客は15米ドル以上の注文をすれば送料が無料になる。

adsf
(上)DashDoor: DashPass

DoorDash にとって、このサービスを提供する意味は大きい。Amazon Prime が無料配送(のほか各種特典)を提供し、あらゆるものを Amazon で購入してもらおうと努めているのと同様に、DoorDash もマンスリーサブスクリプションで同社のプラットフォームから頻繁に注文してもらうのを狙いとしている。同社によると、会員は平均で月3回注文すれば元が取れる。現時点で週1~2回 DoorDash から注文している人であれば、マンスリーサブスクリプションを申し込めばすぐに元が取れるわけだ。追加料金を支払わなくて済むので、注文回数はさらに増えるかもしれない。

Postmates は2016年以降、月9.99米ドルの「無制限」サブスクリプションを提供しているが、最低注文金額が20米ドルである。そのため、最低注文金額の少ない DoorDash は競合より有利な立場に立とうとしている。

会社発表の声明によると、「パイロットプログラム実施中に DashPass に申し込んだ人は、平均で月20米ドル超を節約し、注文回数も2倍に増えた」という。

料理のピックアップサービス

月10米ドルを節約したいと思い、料理を受け取りに店舗に来られる人向けに、DoorDash はピックアップサービスも提供することにした。これは行列に並ばなくても済むサービスで、前もって料理を注文した後に店舗に出向けば料理を受け取れる。時間をかけずに朝食や昼食を取りたいと思っている忙しい人を中心に人気が出るかもしれない。コーヒー1杯やハンバーガー1個など、注文金額が少ない場合にも使えそうだ。

asdfasdfasdfasdfasdf
(上)DoorDash: Pickups

サンフランシスコを拠点とし2013年に設立された DoorDash は現在、アメリカとカナダの1,000以上の都市でサービス展開している。競合には Postmates や Uber Eats、GrubHub などテクノロジーを取り込んだ多数の配送・ロジスティクススタートアップが挙げられる。

今年浮上した報道によると、資金力のある競合に対抗しようと、DoorDash は最近、Postmates との統合の可能性を議論したとされる。しかし同社の資金は十分ある。数ヶ月前に行われた5億3,500万米ドルのラウンドを含め、これまでに7億2,100万米ドルもの金額を調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

フードデリバリのDoorDash、ソフトバンクのリードで5億3,500万米ドルを調達——料理配達以外にも取扱を拡大、全米1,600都市で展開を目指す

SHARE:

フードデリバリスタートアップの DoorDash は先ごろ、日本のソフトバンクの主導により、5億3,500万米ドルの資金を調達した。このラウンドには、Sequoia Capital、GIC、Wellcome Trust らが参加した。 DoorDash は、多額の資金を調達している Uber(Uber Eats)とPostmates をはじめ、テクノロジーを駆使した多くのデリバリ・物流スタートアッ…

DoorDash & Marble
Image Credit: Marble

フードデリバリスタートアップの DoorDash は先ごろ、日本のソフトバンクの主導により、5億3,500万米ドルの資金を調達した。このラウンドには、Sequoia Capital、GIC、Wellcome Trust らが参加した。

DoorDash は、多額の資金を調達している Uber(Uber Eats)とPostmates をはじめ、テクノロジーを駆使した多くのデリバリ・物流スタートアップがひしめき合うアメリカでサービスを運営している。サンフランシスコに本社を置く DoorDash は、レストラン・交通インフラ・消費者の間のドットを結び、現在は全米600以上の都市で営業している。

今回の調達までには、DoorDash はわずか1.9億米ドルしか調達していなかった。最後に調達したのは、2016年に実施した Sequoia のリードによる1億2,700万米ドルの資金調達だ。したがって今日(原文掲載日:3月1日)のニュースは、DoorDash が2013年のローンチして以来、同社の外部からの投資を4倍に高めたことを意味している。

今回さらに5億3,500万米ドルの資金を得て、DoorDash は DoorDash Drive への投資を増加させる計画であると語っている。DoorDash Drive は15ヶ月前にローンチしたフルフィルメントサービスで、DoorDash のプラットフォーム外からの発注に対しても事業者が DoorDash を利用できるようにするもので、料理の範囲を超えたデリバリに DooDash の門戸を開くことを意図している。同社はまた、アメリカでのサービス提供都市数を、現在の3倍の1,600都市にまで増やしたいと述べている。

<関連記事>

DoorDash の共同創業者兼 CEO の Tony Xu 氏は次のように述べている

DoorDash のビジョンは、すべてのビジネスがデジタルコンビニエンス経済で繁栄できるよう、ラストマイル物流を構築することです。世界で最も先見的な企業らによる今日の投資は、このビジョンを達成するための当社の能力を加速させます。

とりわけ、今回の調達は、投資分野におけるソフトバンクの影響力が高まっていることを再確認させてくれる。昨年5月、ソフトバンクの孫正義氏は、930億米ドルの大規模投資ファンドを披露した。実際、ソフトバンクは、テクノロジースタートアップ分野で最大の資金調達ラウンドに多大な関与をしていた。第3四半期には、アメリカの10大テクノロジー投資のうち7つに参加し、約50億米ドルの資金を供給した。テレコム業界の巨人であるソフトバンクは、挙げるとすればこの2つ—— UberSlack にも大金を投じた。

これで、DoorDash をソフトバンクの成長するポートフォリオに追加することができた。また、今回の出資の結果、ソフトバンクのマネージングパートナーである Jeffrey Housenbold 氏が DoorDash の取締役会に参加する見込みだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

DoorDash、Marbleの自律走行ロボットを使った出前のトライアルを開始

SHARE:

DoorDash は、ロボットを活用したオンデマンド出前サービスを向上させる取り組みで大きな賭けに出ようとしている。 サンフランシスコを拠点とする同社は、ロボットスタートアップの Marble と提携し、当面サンフランシスコ、ベイエリアでのトライアルを開始する。 Marble がサンフランシスコで誕生したのは2015年だが、今年4月に地元の複数のレストランフードをデリバリーする Yelp の Ea…

DoorDash_Marble.jpg
(上)DoorDash & Marble
Image Credit: Marble

DoorDash は、ロボットを活用したオンデマンド出前サービスを向上させる取り組みで大きな賭けに出ようとしている。

サンフランシスコを拠点とする同社は、ロボットスタートアップの Marble と提携し、当面サンフランシスコ、ベイエリアでのトライアルを開始する。

Marble がサンフランシスコで誕生したのは2015年だが、今年4月に地元の複数のレストランフードをデリバリーする Yelp の Eat24との提携を発表するまでは、ステルスモードで活動しておりあまり知られていない存在だった。

レストランは作った料理を配送ボットの荷物収容ボックスに入れる。到着後、顧客はメールで受け取ったコード番号を入力することでボックスを解錠し、料理を取り出す仕組みだ。

marble-2.jpg
(上)今や Marble ロボットはサンフランシスコの街を我が物顔で闊歩している
Image Credit: Marble

Postmates などの出前やロジスティクス業界にいる他のスタートアップと同じく DoorDash は、レストラン、輸送インフラ、お腹の空いた消費者という点を結ぶという意味でかなりの規模のニッチ市場を見出している。同社は2013年の創業以来、約1億9,000万米ドルを調達し、いまや全米500都市でサービス展開している。

ロボットによる出前を行っているスタートアップは Marble だけではない。Skype 創業者らにより設立されたエストニア拠点の Starship Technologies も、2015年後半以降、欧米の各都市でロボット実験を行っている。昨年、欧州の出前大手 Just Eat は Starship Technologies のロボットを使った「世界初」の地上走行ドローンによる出前サービスをロンドンで開始したところ、Domino が同様のピザ配送実験を欧州の複数の都市で実施すると発表してこれに続いた。

実際のところ、DoorDash と Postmates の両社とも Starship Technologies のロボットを使った出前サービス実験を以前に米国で行っていた。そのため、今回の Marble との最新の取り組みとは、さまざまなな設定やシステムについて、上手くいくものとそうでないものを見極めるための実験が続いているということなのだろう。取り組みはまだ始まったばかりなのだから。

DoorDash の共同設立者兼 CPO の Stanley Tang 氏は次のように話している。

Marble は、自律走行の業界でいち早くイノベーティブな考え方を持つ会社という地位を確立しました。今回の提携は、ロボット、ドローン、電動自転車といった新タイプの配送テクノロジーにおける我が社の試験運転から発展したものです。

marblr_3.jpg
(上)DoorDash & Marble
Image Credit: Marble

本日(8月16日)より、一部の消費者は「ベイエリア近郊のさまざまな場所」で、注文した料理を小さな四輪の配送ロボットから受け取ることができるようになる。しかし、当面は近くにいるスタッフが Marble のロボットをモニターしていることは注目しておくべきだろう。実験はまだ始まったばかりであり、こうしたロボットの意思にすべて任せられるような姿を近未来に思い描くのは困難である。

当社のロボットが協力して配送手段の選択肢を増やし、コミュニティでの混雑を軽減して、地域での経験をより面白いものにすることを楽しみにしています。

Marble の CEO である Matt Delaney 氏はそう語った。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------