AutoNavi(高徳)、Alibaba(阿里巴巴)とともに位置情報サービスのクラウドプラットフォームをローンチ

by TechNode TechNode on 2013.11.12

AutoNavi

AutoNavi(高徳)は先日、今年初めに同社の28%の株式に2億9,400万米ドルを出資したAlibabaとともに、LBSクラウド戦略を発表した。AutoNaviのLBSクラウドプラットフォームとAlibabaのクラウドプラットフォームが互いに統合された。

このプラットフォームでは開発コストを下げるために、地図、検索、位置情報、経路といった基本サービスをデベロッパーに開放している、と話すのはAutoNaviのLBSプラットフォームの開発マネージャーPiao Chunzhi氏だ。先日開催されたQCon International Software Development Conferenceの場でのことだ。

AutoNaviの収集したマッピングデータに加え、AutoNaviと共同しているCtrip(携程)Dianping(大衆点評)、Sina Weibo(新浪微博)、Umeng(友盟)によって共有されるデータもクラウドプラットフォーム上で利用できるようになる。

AutoNaviのLBSクラウドプラットフォームは現在、1日あたり30万人以上のデベロッパーとオペレーター、1万以上のアプリがこのデータを利用しているという。こうしたアプリは、旅行、ケータリング、ホテル、ソーシャルネットワーキング、タクシーやゲームといったカテゴリーを網羅し、Ctrip、Dianping、Tuan800(団800)Ele.me(餓了麼)Kumi(酷米)、そしてチャリティアプリのChinaeagle(鷹眼益雲)も含まれている。

AutoNaviの狙いは、POI検索・精密な位置決め・ビッグデータ、というモバイルインターネット時代の3つのキーワードに焦点を当てつつ、デベロッパーがアクセスしやすいものになることであるとPiao氏は言う。この協力が双方の利益になると考えているのだ。AutoNaviはAlibabaのクラウドストレージリソースを活用することができるし、地図提供のプロであるAutoNaviのマッピングデータは、O2Oビジネスチェーンを完成させたいAlibabaにとって強力な補完材料だ。

AutoNaviと彼らの競合であるBaidu Map(百度地図)は、ナビゲーションの市場シェアの獲得を目指し、8月から無料サービスを提供している。Piao氏がAutoNaviの自家製データが自社の強みであるとしている。Baiduの地理データはNavInfo(四維図新)から購入したものだからだ。

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------