中国大手メッセンジャー WeChat(微信)で全てをコントロールできるホテルのスマートルーム

by Tech in Asia Tech in Asia on 2015.1.18

LINQroom2

ラスベガスで開催されたCESに合わせ、Ceasars EntertainmentはWeChat(微信)と提携し、地元のカジノホテルThe LINQで新しいスマートルームを紹介した。WeChatのアプリを使い、宿泊者は照明、サーモスタットの調整やカーテンの開閉を行うことができる。

wechat-linq-ss-2-720x640

数ある客室の中からCeasarsが海外の中国人向けに最初に提供するのは、コネクティングタイプのスイートだ。部屋に到着後、QRコードをスキャンするだけでアプリを入手することができる。WeChatの公式アカウントとして機能するアプリは、シリコンバレーに本拠を置くAyla Networksが開発している。

wechat-linq-ss-1-720x640

「LINQのスイートルームはWeChat経由でしかデバイスをコントロールすることができませんが、Aylaを搭載したデバイスはZigbee、Z-waveやWi-Fi経由で一般的なハブを利用すれば、基本的にはどんなアプリを使ってもコントロールすることができます」とプロジェクトを代表して広報部門の代表、Sharon Chan氏は語った。

LINQroom

2013年には30万人が香港や中国からラスベガスを訪れており、この2年で約2倍に増えている。Ceasars側は次のように発表している。

AylaやWeChatのような一流の企業と連携したことで、お客様が当リゾートでやりとりをする際、いつも利用しているWeChatのようなテクノロジーやアプリを利用することができ、より一層くつろいでいただけると思っています。

Ceasarsは全米で50と海外4ヶ国でカジノを運営している。

Ceasarsとの連携は、中国以外の市場を研究し新たなビジネスチャンスを掴むためにWeChatが進める数あるプロジェクトの1つだ。「私たちはO2O型の戦略やプロジェクトを進めることができるよう、販売業者がWeChatで活用できるエコシステムの構築を目指しています。Casearsホテルは一緒にプロジェクトを進めているパートナーの1社です。またWeChatをオフライン世界と繋ぐ別のプロジェクトには、アジアで利用されているEasy Taxiの公式アカウント、アジアのZaloraプロジェクトやアメリカ、イタリアや中国で利用されているでショッピングアカウントYOOXなどがあります」とTencentの広報担当者Limin Chen氏は語った。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------