インド発のメッセージアプリ「Lookup」が、DeNAとBEENOS創業者の佐藤輝英氏から11.6万ドルを調達

by Tech in Asia Tech in Asia on 2015.1.5

lookup_featuredimage

バンガロールを拠点するインスタント・メッセージアプリで、地元ビジネス向けの Craiglist 付き WhatsApp の異名を持つ「Lookup」は3度目のシード資金調達を実施した。日本のソーシャルゲーム企業 DeNA と、Eコマース持株会社とビジネス・インキュベータを営む複合企業 BEENOS の創業者である佐藤輝英氏は、若き連続起業家 Deepak Ravindran 氏による設立わずか3ヶ月のスタートアップに 11.6万ドルを投資した。Ravindran 氏は、DeNA と佐藤氏が資金以上のものをもたらしてくれると期待し、次のようにコメントしている。

今回投資してくれた両者は、ともにモバイル業界に強固な足がかりを持ち、日本のイノベーションを牽引してきました。

Lookup を使うと、ユーザは身近にある地元商店、レストラン、警察署などを一覧することができる。電話番号を表示する Craiglist や JustDial とは異なり、Lookup はアプリからダイアラーを立ち上げることなく、コンタクト先にメッセージすることができる。商店には商品価格や在庫状況を確認したり、サロンやレストランには予約したりすることが可能だ。Lookup を使う商店やレストランも簡単に返答することができる。

Lookup にはメッセージを受信するコールセンターがあり、店舗が Lookup を使っていなくても、ユーザが迅速に問い合わせの回答を受け取れるようにしている。

5分以内に回答が受け取れることを保証しています。これを実現するために、ユーザからの問い合わせを受け取る人員を社内に配置しています。Lookup のコールセンターはユーザからメッセージを受け取ると、代わりに店舗に電話をし、その内容を同時にタイプ入力してユーザに回答します。ユーザは電話をかけたり、待ったりする必要がないのです。(Ravindran 氏)

日本の投資家からの資金調達を祝して、Lookup はアプリをダウンロードしたバンガロール在住の新規ユーザに対し、向こう1週間にわたり寿司を無料進呈するキャンペーンを展開している。これは、和食レストラン Shiro と Ginseng とのタイアップによるものだ。

今回の資金調達により、Lookup のシードラウンドでの調達金額総額は38.2万ドルに達した。今回のラウンド以前には、インドのIT先導者である Infosys の共同創業者でテック界の億万長者 Kris Gopalakrishnan 氏から16.6万ドル、貴金属および金融サービスの MKS Switzerland SA から10万ドルを調達している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------