PaytmがAlibaba(阿里巴巴)とSAIF Partnersから2億米ドルの資金を新たに調達

by e27 e27 on 2017.3.14

Paytm_

Economic Times が報じたところによると、Alibaba Singapore が近々、Paytm E-Commerce に1億7,700万米ドルを投資することがわかった。Alibaba Singapore は中国 e コマース市場の巨頭 Alibaba Group(阿里巴巴集団)の完全子会社だ。

同紙はさらに会社登記所(RoC)の資料を引用し、既存の投資家である SAIF Partners の出資分も加えると、このラウンドでの調達額は合計2億米ドルにのぼるとしている。

今回の投資により、Alibaba(阿里巴巴)とその決済サービスである Alipay(支付宝)が Paytm に占める株式シェアは、現在の40%から62%に拡大する。投資後、この e コマース企業 Paytm の評価額は10億米ドル近くになる可能性がある。

Economic Times は以前、Alibaba が2億〜2億5,000万米ドルを Paytm に投資する見込みであると報じていた。記事で指摘された通り、Paytm は PayTM Mall あるいは PayTM Bazaar に名称変更される。

この資金投入で Paytm は巨額の活動資金を手にすることとなり、インドの e コマース大手である Flipkart や Amazon への挑戦が可能となる。インドにおける e コマース市場のシェアはこれら2社の合計で70%に達する。また、2016年11月にインド政府は高額紙幣の廃止に関する発表を行ったが、これも同社のモバイル決済サービスにとって追い風となった。同サービスはその後、1,000万人の顧客を獲得している。

Paytm は決済手段を提供するプラットフォームであり、モバイル端末で利便性の高いモバイルコマースを可能にしている。同社は Vijay Sekhar Sharma 氏が2000年に設立して以来、モバイル広告、マーケティング、決済手段を同社加盟店向けに提供してきたほか、デジタル商品の販売とサービスも手がけている。同社は、SAIF、Sapphire Venture、Silicon Valley Bank、著名実業家の Ratan Tata 氏などから合計10億米ドル弱の資金を調達してきた。

同社は最近、個人およびスモールビジネスを対象に、口座あたり最大10万インドルピー(約1,500米ドル)まで預金できる決済口座のサービスをローンチした。Paytm は最近、Alibaba グループの国際常務取締役である K.Guru Gowrappan 氏を追加取締役に任命。さらに同社はこの動きの数日前、Mark Schwartz 氏を取締役会に迎えている。同氏は Goldman Sachs グループの副会長であり、同グループのアジア太平洋地域担当会長。2014年のニューヨークで、Alibaba の創業者 Jack Ma(馬雲)氏と Joseph Tsai(蔡崇信)取締役副会長が250億米ドルの IPO を行った際、これを成功させる上で Schwartz 氏が重要な役割を果たした。

Paytm は現在、インドで3番目に大きい e コマース会社である Snapdeal と合併に向けた交渉中である。

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------