東急電鉄のアクセラレータが第3期の参加スタートアップを募集開始、対象のバーティカルをエンタメ・スポーツ・ヘルスケアなど10領域に拡大

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.4.18

18日、東急電鉄は都内で説明会を開催し、同社のスタートアップアクセラレータ「東急アクセラレートプログラム」第3期の募集開始を発表した。第1期では交通/都市開発/生活サービス、第2期では広告・プロモーション/IoTスマートホーム/インバウンド・トラベルと、回を経るごとに対象となるバーティカル(事業領域)を拡大してきた同プログラムだが、第3期からは、エンターテイメント/スポーツ/ヘルスケア/ダイレクトマーケティングが追加され、合計10領域での募集となる。

東急電鉄はこれまでに2回のプログラムを展開しており、累積で212件のエントリがあり、うちテストマーケティングが仕込まれたものが42件、テストマーケティングの実施に至ったものが11件、業務提携や出資に至ったものが3件に上っていることを明らかにした。

IROYA、リノべる、Tangerine といったスタートアップが、それぞれ、東急百貨店、東急電鉄の都市開発事業、東急エージェンシーと資本業務提携に至っており、オープンイノベーションを前提とした協業活動に取り組んでいる。また、同プログラムのデモデイで入賞したスタートアップでは、ABEJA、アクアビットスパイラルズ、MAMORIO、HUBER. などが東急電鉄グループ各社とサービス導入に向けた PoC を実施している。

<関連記事>

説明会の冒頭で挨拶する、東急電鉄 都市創造本部 戦略事業部 事業統括部 統括部長の高木克典氏
Image credit: Masaru Ikeda

東急電鉄グループの傘下には現在、合計で218社8法人が存在するが、これまでの2回のバッチの成果を受けて、「東急アクセラレートプログラム」への参加に積極的なグループ傘下企業が増えたことも、今回からバーティカルが増えることの一因と言えるだろう。

第3期の募集は本日から5月31日まで受付され、そのうち30社程度が一次審査を通過する見込み。二次審査やプレゼンテーションに磨きをかけるメンタリングやサポートが提供された後、今年10月にデモデイ(最終審査会)が開催される予定だ。

デモデイでの入賞チームには、東急賞(1位)109万円、渋谷賞(2位)42.8万円、二子玉川賞(3位)25万円が副賞として進呈される。また、通常のアクセラレータとやや異なる点だが、デモデイの実施後に、スタートアップには東急電鉄グループ企業とのテストマーケティングの機会が提供される。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------