チャットボットのKik、暗号通貨Kinのトークンセールを前に5,000万米ドルを調達

by Khari Johnson Khari Johnson on 2017.9.8

kin_horizontalogo-04.png
(上)暗号通貨 Kin ロゴ
Image Credit: Kik

Kik Interactive は本日(8月29日)、同社の暗号通貨 Kin の発行に向けたトークンディストリビューションイベント(TDE)を9月12日の太平洋時間午前6時に開始すると発表した。5,000万人の月間アクティブユーザを誇るチャットアプリ Kik のケースは、非ブロックチェーンの企業がブロックチェーンに進出し、新たな機会を切り開く初の主要事例の1つとなる。

同社は1兆 Kin のトークンを1億2,500万米ドルで販売する計画であると Kik Interactive の報道担当は声明で VentureBeat に語った。このうち5,000万米ドル分は、4,880億 Kin のトークンを対象とするプレセールで販売済みだ。 プレセールでの投資家には、Blockchain Capital、 Pantera Capital、Polychain Capital など、ブロックチェーン専門の有名な投資企業が名を連ねた。

暗号通貨ヘッジファンド Polychain Capital のプリンシパル・ベンチャーパートナーの Ryan Zurrer 氏の発言を Kik のブログ投稿がこのように引用している。

現時点で Kik は、 暗号通貨市場に参入した消費者向けサービス企業では最大規模です。今回の動きは業界にとって画期的なことです。

デビットカードや PayPal などを通じた決済を可能としている Facebook Messenger や Telegram といったチャットアプリとは対照的に、Kik は、同社の暗号通貨をベースとする包括的なエコノミーを作る計画だ。

5月に発表された当初、Kin は Kin Foundation により管理、配信されるとされた。Kin の一部は、Kik ユーザに提供されると思われる。Kin の報酬プログラムは、エンゲージ体験を作り出したボットのデベロッパーやサービスプロバイダに支払われるよう設計される。

Kin は、イーサリアムのブロックチェーンをベースとする ERC20トークン。

エンゲージメントに基づいてデベロッパーに支払いを行おうとしているのは Kik だけではない。

8月、Kik 上で最も人気のあるボットの1つ Sensay は、Sense という自らの暗号通貨をローンチする計画を明らかにした。当初、Sense は Sensay ボットを通して助言をした人に支払われるとされていたが、同じくイーサリアムをベースとするこの暗号通貨は、ボットのデベロッパーや他のネットサービスプロバイダ向けに利用できるようになるかもしれない。新規仮想通貨公開(ICO)は10月10日に予定されている。

8月には Amazon も、同社の音声アプリで生み出したエンゲージメントのレベルに応じて Alexa Skill のデベロッパーに支払いを始めるとコメントしていた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------