インフルエンサーマーケティングのBitStar、インフルエンサーの影響力を定量的に分析できるツール「Influencer Power Ranking」のα版を公開

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.10.10

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」と、YouTuber プロダクション「E-DGE」を展開する BitStar は、インフルエンサーマーケティングのプランニング・分析ツール「Influencer Power Ranking(以下、IPR と略す)」のα版をローンチしたと発表した。

IPR は YouTuber や Instagrammer などを活用したインフルエンサーマーケティングで、これまで比較検討・定量判断しづらかった影響力や実績情報を収集しビッグデータ解析、マーケティングのプランニングや分析に活用できるツールだ。IPR には BitStar と共通アカウントで登録できるので、プランニングや分析の機能とインフルエンサーマッチングの機能を一元的に利用することが可能。料金は、一部の月額会員向けコンテンツを除き無料だ。

Instagrammer などインフルエンサーの影響力を分析・ランキングするツールとしては、欧米を中心に TraackrKlear といったツールがある。これらのツールにもインフルエンサーを影響力順に一覧化する機能は備わっているが、キャンペーンを依頼する企業側がプラットフォームを通じて、インフルエンサーに個別に連絡を取る必要がある。

一方、日本国内において、インフルエンサーマーケティングを取り扱うエージェンシーは、少なく見積もっても数十社程度は存在するが、IPR のように自社のマネージメント配下やネットワークに所属しないインフルエンサーを含め、情報を一覧化して提供するケースは珍しい。IPR の結果に基づいて、仮に企業が BitStar に所属していないインフルエンサーにキャンペーンを依頼する場合にも、提携関係にあるエージェンシーに所属しているかフリーランスであれば、BitStar 経由での依頼が可能ということだ。

BitStar ではこれまでにも社内で IPR と同様の機能を持つツールを運用してきたが、今回ユーザインターフェースをブラッシュアップし対外的に公開できるものとした。IPR 公開の背景には、キャンペーンを実施する企業が BitStar が抱えるインフルエンサーに案件を依頼しやすくするとともに、まだ BitStar のネットワークに所属していないトップインフルエンサーを、具体的な依頼案件をトリガーにして獲得していく意図があるようだ。芸能界と同じく、インフルエンサーのエージェンシー同士の業務提携が増え、零細が大手に事業吸収されていく構図は加速するかもしれない。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------