中国のeスポーツ動画ストリーミングサイト「Douyu(斗魚)」、アメリカでのIPOを計画

by TechNode TechNode on 2018.8.6

Tencent(騰訊)が支援する Douyu(斗魚)が香港で IPO を実施するとの噂が広がっていたが、希望をアメリカに変えたようだ。報道によると、このIPOで6~7億米ドルをキャッシュで調達する見込みだ。これが事実なら、RFA ロイターが以前予想していた3~4億米ドルを大きく上回る。

AcFun のライブストリーミング事業から始まったこのプラットフォームの特徴はゲーム内のライブストリーミングで、視聴者はプレイヤーがライブでプレイしている様子や録画されたライブの動画を観ることができる。

中国のゲーム大手 Tencent が同プラットフォームを支援したのは2016年3月で、当時は Sequoia(紅杉資本)や Nanshan Capital(南山資本)とともにシリーズ B ラウンドをリードした。同年8月には15億人民元のシリーズ C に参加したほか、今年初めには6億3,000万米ドルの戦略的投資をリードした。 Douyu は2017年、CMBI International Capital(招銀国際)とNanshan Capital がリードするシリーズ D を完了している。

ライブストリーミングや e スポーツ市場のブームが Douyu のような企業を生み出しており、同社は両セクターで事業を運営している。Douyu の主要な競合は Huyaだが、この企業も Tencent から支援を受けている。Huya(虎牙)は5月にニューヨーク証券取引所に上場し、1億8,000万米ドルを調達した。売出価格は1株あたり12米ドルだったが、今では36米ドル近辺に値上がりした。

中国系テックのユニコーン企業が IPO に熱を上げている今、Douyu の上場が行われる見込み。この数ヶ月、私たちはスマートフォンメーカーの Xiaomi(小米)から iQiyi(愛奇芸)や Bilibili(嗶哩嗶哩)といった動画ストリーミングの巨人企業まで、さまざまな業界のトッププレイヤーが上場するのを目の当たりにしている。

【原文】

【via Technode】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------