Tencentの「WeChat」、Facebookで大々的なマーケティングキャンペーンを展開

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Weixinは最近WeChatという英語名を採用したが、そのWeChatがFacebook上で大々的なマーケティングキャンペーンを行っている。私も自分のFacebookページを開くと2回に1回はその広告を見かける。しかも、それだけではない。新たにWeChatのユーザになった人には、正式なID (電話番号かもしくはFacebookリンク)で登録すると、無料でFacebookクレジットを獲得できる権利も得られる。登録すると、最大1000ポイントの無料Facebookクレジットを申請する暗証番号が送られてくる。さらに詳しい情報はこちらから。

前回もレポートをしたが、TencentのCEOであるPony Ma氏によると、WeChatのユーザ数は1億人を超えている。英語版WeChatへの取組みで、Tencentが世界のユーザを取り込もうとしていることは明らかだ。 私の中国人以外の友人にもWeChatに登録する人が増えていることから、 その取組みは順調なようだ。すべての人とは言い切れないが、ほとんどの人がこのアプリをかなりいいと言っている。実際にいいアプリで、文章だけのメッセージをより楽しくする、より多くの絵文字がある。絵文字はアジアでは人気がある。

WeChatには、英語版と中国語版だけではなく、タイ語、バハサインドネシア語、ポルトガル語、ベトナム語版も用意されている。Facebook上のキャンペーンはかなり積極的で、インドタイマレーシア向けにローカライズされたページもある。欧米企業は中国への参入が難しいと感じている一方で、中国企業もプロダクトをグローバル化するのは難しいと思っているだろう。だが、WeChatは今のところ上手くやっているようだ。Whatsappチームは警戒したほうがいいかもしれない。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------