モバイル決済サービスSquareのカードリーダー端末がApple Storeで取り扱い開始、特典により実質0円負担に

SHARE:

square先日、日本に上陸したモバイル決済のSquareが本日、iPhone、iPadでのクレジットカード決済を可能にするカードリーダーのSquareリーダーが、日本国内のApple Store全7店舗で取り扱いを開始されたことを発表した。

これまでSquareリーダーはオンラインのみで取り扱われており、店頭での取り扱いは、日本ではApple Storeが初。Squareリーダーとセットで利用するPOSアプリ「Squareレジ」も、App Storeからダウンロードできるようになっている。同アプリのダウンロードはこちらのページから。

Apple Storeで販売される「Squareリーダー」の価格は980円。PayPal Hereのリーダー端末が1,260円、楽天スマートペイのリーダー端末が2,980円、Coineyは今月末まで期間限定でカードリーダーを無料で提供している。手数料も、Squareが3.25%、PayPal Hereが5%、楽天スマートペイが4.9%、Coineyが4%となっており、現時点ではSquareは価格の面で優位に立っている。

sr-hero-swipe

現在Squareは、Squareリーダーの購入者には、アカウント登録後、特典として1,000円が付与されるボーナスキャンペーンを実施している。商品パッケージに同梱されている専用のコードをウェブサイト上で入力し、申請すると、指定の銀行口座に振り込まれるという仕組みだという。端末の価格が980円であるため、この特典がある期間中は実質実購入者が負担する金額は0円ということになる。

また、Squareはサイト上に「Squareウォレット」という新しいサービスについてのページも開設している。現段階ではComing Soonとなっており、詳細はまだ不明だが、スマートフォンでの支払い、ポイントの自動付与、店舗検索、ギフトカードの送受信などが可能になるサービスのようで、事業者サイドだけではなく、一般のユーザサイドへのアプローチも今後実施されていきそうだ。

square wallet

----------[AD]----------