中国発のショッピング検索エンジンTaoTaoSou(淘淘捜)が新たに巨額の資金を獲得

SHARE:

TaoTaoSou-Finds-Huge-New-Funding-Round-02

中国のeコマース市場は今年の売上で2000億ドル近くの規模がある。必然的に、オンラインショッピングをする人には、あるサイトから別のサイトへ移動することなく買い物ができる何らかのガイダンスと、おそらく便利な価格比較サービスが必要だ。

そんな便利なショッピング検索エンジンの1つでおそらく、見ためも1番よいのがTaoTaoSou(淘淘捜)だ。その同社が先日、サービスを成長させるために、CDH InvestmensとDT CapitalからシリーズBの資金調達をしたことを発表した。

今回の資金調達額については明らかにされていないが、TaoTaoSouは2回の主要な資金調達とシード資金調達で総額2000万ドルの資金を獲得したことになる。

TaoTaoSouというサービス名は、Alibaba(阿里巴巴)の象徴的なショッピングサイトTaobao(淘宝)を意識的に思い出させるものだ。TaoTaoSouとAlibabaとの間には実際に1つの繋がりがあると36Krが伝えている。というのは、Alibabaが以前にTaoTaoSouに出資をしているからだ。もちろん、AlibabaにはeTao(一淘)という独自の価格比較サービスがあるので、おそらくAlibabaは両面作戦をとっているのだろう。

TaoTaoSou-Finds-Huge-New-Funding-Round-01

確かに、中国には多くのショッピング検索サービスがある。前述した2つのサービス以外にも、Netease(網易)運営のサービスやQihoo(奇虎)提供のサービス、後になってBaidu(百度)が始めたサービス、そして昨年に700万ドルの資金を調達したB5Mなど、その他のスタートアップが提供するサービスもある。

TaoTaoSouには、ほとんどのライバルサービスが提供していないユニークな機能がある。例えば、(ウェブで見た商品のスタイルを見つけるために)アップロードした画像で商品を検索をしたり、ユーザーが「ファッションコレクション」の画像を保存することもできる。そう、同サービスは主に女性をターゲットにしている。

TaoTaoSouは2010年にローンチされ、Alibabaからアーリーステージのシード資金援助を受け、その後、2011年11月にシリーズAの資金を獲得した。昨夏には、月間ユーザ数8万人を記録した。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------