開始3カ月で導入社20社、売上は月次平均245%成長ーーA_Bテストの「planBCD」がオンライン版を公開

SHARE:

planBCD___あなたのサイトをA_Bテストで素早く最適化

注目のグロース・サービスがさらに利用しやすくなる。

A/Bテストの管理プラットフォーム「planBCD」を運営するKAIZEN platform Inc.(以下KAIZEN)は11月12日、同サービスのオンライン版を開始した。スタートアップ・中小企業向けのベーシックプランは月額$1,000から、大規模サイト向けのプレミアムプランは月額$5,000からの提供となる。それぞれJavaScriptのコール回数やドメイン数等に違いがあり、詳細についてはこちらをご覧いただきたいと思う。

また、12月末までの期間限定で実際される無料キャンペーンでは、この期間に開設されたアカウント(ベーシックプラン)の月額を半永久的に無料にするとしている。

2013年8月に公開された「planBCD」はこの3カ月、エンタープライズ向け市場でフィードバックを積み上げてきた。

導入社数は大手ネット企業を中心に20社を超え、コールされたJavaScriptの回数は2億に到達。同社CEOの須藤憲司氏によれば、KAIZEN社の売上は「月次平均245%成長で推移」という順調ぶりだ。

ただ、もちろん彼らの「カイゼン」ポイントがなかったわけではない。特に利用会社からは改善指標の多様化についてリクエストが多かったらしい。

「やはり会社によってカイゼンしたい指標が違いますね。このサービスによる指標の違いに対応することは多いです。それだけお客さんのニーズが多様だということですね」(須藤氏)。

また、導入メディアによっては自社のDMP(データマネジメントプラットフォーム)に「planBCD」を繋ぎ込み、メディアのユーザー属性に応じた改善テストを実施したいというリクエストなどもあったという。こういったニーズに対し、KAIZEN社ではカスタマイズリクエストを投げ込める場所を提供するなど対応を急いでいるそうだ。

はやくも改善事例は50を超えたという「planBCD」。オンライン化の開始で世の中のサービスのグロースにどのような影響があるのか、事例についても共有してもらうことになっているので、届き次第みなさんにシェアしたいと思う。

----------[AD]----------