3Dプリントはより身近になるかーーアドビのPhotoshop CCで3Dプリントデータのデザインが可能に

SHARE:


Adobe_Photoshop_CS4_iconAdobe(Nasdaq:ADBE)は先週、Adobe Photoshop CCに新しく搭載された3Dプリント機能を発表した。これにより、Creative Cloudを利用しているユーザは3Dデザインの開発、改良、プレビュー、作成、プリントを行えるようになり、注目が集まっている3Dプリントの領域に触れやすくなる。

この新しい3Dプリント機能を利用することで、Adobeのソフトを利用していたクリエイターは、使い慣れたPhotoshopツールを使って、初めから3Dでデザインするか、既存の3Dコンテンツを改良し、美しいプリント可能な3Dモデルに仕上げることが可能になる。

これまで3Dプリンターで出力するデータを作成するには3D CGソフトや、3D CADソフトなどが必要だったが、Photoshopからも3Dのデータをデザインすることが可能になる。出力するテクノロジーがどれだけ進歩しても、出力するデータの作り手が増えなくては3Dプリンティングは盛り上がらない。Photoshopという多くのデザイナーが使い慣れたアプリケーションで、3Dデータに触れられるようになるのは、注目すべき変化だ。

今回、リリースされたPhotoshop CCによって、ローカルで接続された3Dプリンタでデータをプリントできるだけでなく、オンラインの3Dプリントサービスを利用してプリントすることも可能になるという。

Photoshop CCは、MakerBot Replicatorなど人気の高いデスクトップ3Dプリンタをサポートしており、また3Dプリントコミュニティ/マーケットプレイスの「Shapeways」で入手可能なセラミック系や金属系の材料、フルカラーのサンドストーンなど幅広い高品質な材料にも対応している。

先日、こうした変化の激しいモノづくりの世界において、アーティストはいかに生きていくべきかを考える連載も、本誌ではスタートしている。こうした動きに関心がある人は、ぜひチェックしてみてほしい。

----------[AD]----------