#StartupAsia Tokyo 2014 Day2: Startup Arenaでピッチするファイナリストの顔ぶれが明らかに

SHARE:

startup-asia-tokyo-2014-broaderview1

これは Startup Asia Tokyo 2014 の取材の一部だ。

Startup Asia Tokyo 2014 のスタートアップ・コンペティション「Startup Arena」でピッチに臨むスタートアップの顔ぶれが明らかになった。当初は8社と聞いていたが、実際にはファイナリストにノミネートされたのは7社となったようだ。

8logo-smエイト証券(日本/香港)

個人投資家に向けて、ソーシャル取引とウェルス・マネージメント・サービスを展開。日本と香港で証券業務を提供しており、今後、中国への進出を予定している。

Appota(ベトナム)appota_logo

ソーシャル・ゲーム・プラットフォーム OnClan を提供。ゲームに SDK を組み込むことで、デベロッパはユーザをエンゲージしやすくなり、ゲームのユーザ同士がコミュニケーションできるようになる。

kaizenplatform_logoKAIZEN platform(日本)

ウェブサイトに JavaScript コードを一行追加するだけで、KGI(Key Goal Indicator)達成のための問題点を明らかにしたり、A/Bテストを可能にしたりする。マーケティング・スペシャリストへのクラウドソーシングも可能。

picocandy_logoPicoCandy(シンガポール)

モバイルのスタンプストアが世界5億人にリーチできるようになるサービス。すでに100万種のスタンプが登録されており、ブランドやデザイナーがスタンプ・マーケットプレイスの成長を助けてくれる。

capy_logoCapy(日本)

クラウドベースの CAPTCHA サービスを提供。従来の CAPTCHA と異なり、より安全で市場可能性のある CAPTCHA 技術を提供することができる。

EZTABLE-LogoEZTABLE/易訂(台湾)

レストランの予約/決済プラットフォーム。ブランドやラグジュアリー・ブランド向けのダイニング・プログラムも提供している。台湾、香港、タイ、ジャカルタに法人登記済。

moneytree_logoMoneyTree(日本)

金融機関の口座を一度登録するだけで、複数の口座残高やカード使用額をアプリ上で確認できるようになる。それぞれの残高を集計した収支額も表示されるので、資産の状態がひと目でわかりる。


晴れて優勝に輝くのは、どのスタートアップだろうか。Startup Asia Tokyo 2日目となる本日の午後4時10分から、 Startup Arena のセッションで確かめてほしい。

----------[AD]----------