既存サービスを使って、定期購入サービスを始める7つのステップ

SHARE:
Createjoyが作成したインフォグラフィック
Cratejoyが作成したインフォグラフィック

<ピックアップ> How to start a subscription box service

あらゆるジャンルの定期購入サービスが生まれるにようになって久しい。化粧品が毎月届く「Birchbox」、レシピと必要な新鮮食材が届く「Blue Apron」や、男性用カミソリが届く「Dollar Shave Club」などその数を挙げればキリがない。

「Carnivore Club」というグルメ系の定期購入サービスのファウンダー Tim Ray氏は、「シンプルな流通とオペレーション」に惹かれてこの市場に参入したそう。ビジネスの観点から見て、最も効率的で柔軟で簡単なEコマースのビジネスモデルだと。

最近では、定期購入サービスを始めることを支援する「Cratejoy」や「Subbly」といったスタートアップまで登場してる。Cratejoyでは、定期購入サービスを始める具体的な7ステップを紹介したインフォグラフィックをリリースしてる。

アイディアの構想に始まって(アイディアはニッチであればあるほど良い)、お次は見込み顧客の調査。その後、プロトタイプのボックスを用意して毎月欲しいものかを検討する。ローンチ前にはユーザーのEメールなどを収集し、開始前の事前キャンペーンを開始するなど。Cratejoyみたいなサービスがあると、ちょっと試してみることができて敷居がぐんと下がるね。

via. Entrepreneur

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録