Hootsuiteが「人間でも利用できる」Facebook用広告ツールを発表

SHARE:
Above: Hootsuite offers four objectives in its new Facebook ad tool. Image Credit: Hootsuite
上: Hootsuite はFacebook用新広告ツールにて4種類の目的を導入
Image Credit: Hootsuite

ソーシャルメディアプラットフォームのHootsuiteは、これまでTwitterの広告ツールを企業ユーザのみに提供してきたが、本日、全ユーザ1100万人超を対象とするFacebookの広告ツールを発表した(編集部注:原文掲載5月19日)。

Hootsuiteの新しい広告ツールは、手っ取り早くプロモーテッドポストを使いたいニーズがある会社のほぼ誰にでも使えるように作られている。

ユーザは単に目的を選べば良い。もっとたくさんの人にリーチする、フォロワーを増やす、エンゲージメントを高める、もしくはウェブサイトのトラフィックを増やすといった目的から選ぶ。Hootsuiteはユーザーが選択した指標において効果的だった最近の投稿を自動的に勧め、予算、リーチ、期間などのパラメーターを提案してくれる。

ユーザは設定の提案を受け入れるか、調整をし、プロモートをクリックすれば、投稿がより多くのユーザからリーチされるよう機能するという仕組みだ。

新製品開発担当VPのGreg Gunn氏いわく、Hootsuiteの既存Twitterツールはより多くの選択肢やオプション、管理機能を企業ユーザに提供しているが、ユーザもそうした機能に詳しくなければいけなかった。しかし、この新しいツールによる機能を絞るアプローチが今後のモデルであり、Hootsuiteは他のソーシャルネットワークの広告も先々サポートすると彼は述べた。

プロモーテッドポストは、Facebookのニュースフィード経由で配信するため、多くのフォロワーやそれ以外の人に配信するには欠かせない方法になった。ソーシャルネットワークでは複雑で独特なアルゴリズムを導入し、有償広告ではない無料のオーガニック投稿を次第に制限しながら、ブランドメッセージや的外れな告知攻めからユーザを意図的に守っている。

Hootsuiteが自社のユーザベースを調査したところ、ユーザの75%がこれまでFacebook上で宣伝していないことが判明したと、Gunn氏は言う。その最大の理由は何か。選択肢が多過ぎることだ。通常の手続きでも全部で13の手順を踏んでいく必要があるのである。

その手順を単純にすることによって、HootsuiteはFacebookツールを「初めての人間用広告ソリューション」と表現している。

人間は、当たり前だがかなり大きな市場セグメントであり、だからこそGunn氏はこの広告の専門家ではない人向けのソーシャル広告ツールには「巨大な市場機会がある」と説明する。

また、Hootsuiteに人気があることも潜在機会が大きい理由だ。VB Insightのソーシャルメディア管理ツールに関する最近のレポートによれば、Hootsuiteがその他のどのツールと比べても2倍以上利用されていることがわかったという。

Sprinklrのような競合プラットフォームはこれほど簡単なオプションの組み合わせは提供していない一方で、AdStageKuhcoonQwayaといった専門特化型ソリューションは「フルタイムの広告マーケッター担当者には非常に素晴らしいソリューションでしょう」とGunn氏は述べた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------