Lazadaの決済プラットフォームhelloPay、Alibaba(阿里巴巴)傘下のAnt Financial(螞蟻金融)と合併——Alipay(支付宝)にブランド変更

SHARE:

ant-financial_featuredimage

中国の e コマース巨大企業 Alibaba(阿里巴巴)が展開するモバイル・オンライン決済プラットフォームの Ant Financial(螞蟻金融)が、e コマース売買プラットフォーム Lazada 上で決済プラットフォーム helloPay を運営している helloPay Group と合併した。

本日(4月19日)から helloPay は、サービスを展開中の市場ごとに Alipay Singapore、Alipay Malaysia、Alipay Indonesia、Alipay Philippines としてブランド変更される予定。ブランド変更後も同社は、東南アジアの Lazada プラットフォーム上で引き続き決済サービスを提供していくという。helloPay の機能やサービスはすべてそのままで、ブランド変更後の helloPay は Alipay(支付宝)アプリとは別のサービスとして扱われる。

合併後 helloPay チームは Ant Financial の一部となり、Ant Financial がブランド変更後の helloPay を運営していくことになる。

Ant Financial のシニア VP を務める Douglas Feagin 氏はこう語っている。

helloPay のユーザや提携企業には何の影響もありません。私たちはこれからもイノベーションを継続し、安全で迅速かつ便利な決済サービスをユーザに提供していきます。

helloPay は Lazada プラットフォームのための決済ソリューションを提供する目的で、Lazada Group によって2014年11月に設立された。現在、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピンでサービスを展開している。

helloPay

Alipay は Ant Financial Services Group が運営するサードパーティーデジタル決済およびライフスタイルプラットフォーム。中国国内外合わせて4億5,000万人以上のアクティブユーザを誇り、中国で最も人気のオンライン決済ツールだ。 Alipay アプリを使って、タクシー配車、ホテル予約、映画チケットの購入、公共料金の支払い、病院予約、資産管理商品の購入をすることができる。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------