配車アプリのDidi(滴滴)、ソフトバンクから60億米ドルの調達を検討か——実現すれば中国のテック史上最大の調達額に【報道】

SHARE:
Image credit: Didi(滴滴)

Bloomberg の報道によれば、中国の配車アプリ大手 Didi(滴滴)は、ソフトバンクから60億米ドルの出資を受けることを検討中と伝えられている。

このニュースは、Bloomberg が報道した、やはりソフトバンクから東南アジアの配車アプリ Grab が15億ドルを調達中とのニュースの直後にもたらされた(興味深いことに、Didi もソフトバンクも Grab の6億米ドルの調達ラウンドに参加している)。

今回の調達ラウンドは、実現すれば、中国のテック史上最大の調達となる鋳込みだ。しかし、この調達の交渉がまとまるかどうかの前に、Didi は中国の政府出資ファンドや Alibaba(阿里巴巴)など100を超える投資家の利益を勘案する必要がある。

他の既存投資家である Tencent(騰訊)や Apple は、両社が持つ Didi 株式が希釈化しないよう、現在の持分比率に応じて今回の投資ラウンドに参加するかどうかを検討しているとされる。

Didi は昨年、競合である Uber China(優歩)に10億米ドルを出資した。 Didi との合併時の Uber Chiba の企業価値は350億米ドルに上ったとされる。Crunchbase によれば、Didi はこれまでに7回以上のラウンドで74億米ドル以上を調達している。

多額の資金調達にもかかわらず、Didi はこれまでも、そしてこれからも、中国国内で規制に直面することを余儀なくされている

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------