AIソリューション提供のAnyMind Group、シリーズBをクローズ——タイO2O大手のVGIや東京センチュリーが参加、累積調達額は40億円超に

SHARE:
左から:AnyMind Group CastingAsia 事業統括 林信吾氏、AnyMind Group 共同創業者兼 CEO 十河宏輔氏、同共同創業者兼 COO 小堤音彦氏、AnyMind Group TalentMind 事業統括 近藤聖氏
Image credit: AnyMind Group

AI ソリューションプロバイダの AnyMind Group は、シリーズ B ラウンドをクローズしたことを発表した。直近で、タイの O2O ソリューションプロバイダである VGI Global Media東京センチュリー(東証:8439)から800万米ドルを調達。シリーズ B ラウンドでは2,140万米ドル、通算累積では3,590万米ドル(40億円超)を調達したことになる。

これにあわせ、AnyMind Group は VGI とのジョイントベンチャー VGI AnyMind Technology を設立する。DOOH 広告を約4,000 万人にリーチできるタイ国内の公共交通機関、ビルボード、街中の広告やデジタルサイネージなどと統合して、広告ネットワークを構築・提供できるようになる。

また、タイの MCN(マルチチャンネルネットワーク)大手 Moindy Digital を買収したことも明らかになった。これにより、AnyMind Group 傘下でインフルエンサーマーケティング事業を行う CastingAsia のビジネスポートフォリオに Moindy ブランドが加わることになる。

<関連記事>

----------[AD]----------