Alibaba(阿里巴巴)、すべての事業をクラウド上で運営へ

by TechNode TechNode on 2019.4.3

Jeff-ZHANG-President-of-Alibaba-Cloud-and-Chief-Technology-Officer-of-Alibaba-Group.jpg
Alibaba Cloud(阿里雲)社長兼 Alibaba Group(阿里巴巴集団)CTO Zhang Jianfeng(張建峰)氏
Image credit: TechNode/Nicole Jao

中国の e コマース大手 Alibaba(阿里巴巴)のクラウドコンピューティング部門である Alibaba Cloud(阿里雲)は3月21日、 設立10周年を記念して2019 Cloud Summit(阿里雲峰会)を北京で開催した。

Alibaba Cloud 社長兼 Alibaba Group(阿里巴巴集団)の CTO を務める Zhang Jianfeng(張建峰)氏は、China National Convention Center(国家会議中心)で何千人もの参加者や産業パートナーを前に演説し、「Alibaba Cloud は現在、戦略的なアップグレードを行っている」と語った。

Zhang 氏は次のように述べている。

現在、Alibaba ビジネスの60〜70%が自社のパブリッククラウドプラットフォームで運営されています。今から1〜2年以内に、パブリッククラウド上で100%運営されると予想しています。

「All-in-Cloud」時代が到来し、産業はますますクラウド上で稼働するようになっていくと Zhang 氏は話し、中国企業の84%以上がクラウドテクノロジーを導入する意思があることを示すデータを引用した。

Zhang 氏によると、同社は Alibaba のビジネス運営の中核を担い、このデジタル時代の中で多くの企業の成長をサポートしていきたいという。Alibaba Cloud は SaaS プロバイダになろうとはせず、SaaS パートナーがビジネスに参画しやすくなり、デジタル時代への順応を促進するプラットフォームを提供していきたいと考えている。

Alibaba の e コマース事業はクラウドテクノロジーを開発する上で重要な利点を持っており、現実世界で大量のデータを処理するために必要なストレステストを提供してくれていると、Zhang 氏は強調した。

さらに、クラウドテクノロジーは中国、特に従来の分野に上手く導入できるだろうと指摘した。多くの企業がビジネスに関する洞察力をさらに引き出し、データを基に意思決定をしようと模索しているため、このようなサービスの需要はより顕著に現れるだろうと同社は期待している。

Alibaba はクラウド技術、製品、サービスの開発を進めるため、同社の科学研究所である DAMO Academy を通じ、研究開発への投資を継続していくという。

Alibaba Group の副社長である Lancelot Guo 氏は、セッション後のインタビューで「クラウドはテクノロジー業界で最もホットなバズワードの1つだが、Alibaba のクラウドビジネスはまだ『転換期』に達するまで時間を要する」と話す。Guo 氏は Alibaba Cloud のビジネス戦略、マーケティングオペレーションインテリジェンス、および企業投資を担当している。

Lancelot-Guo-vice-president-of-Alibaba-Group.jpg
Alibaba Group(阿里巴巴集団)副社長 Lancelot Guo 氏
Image credit: TechNode/Nicole Jao

現在、Alibaba Cloud がサービスを提供しているほとんどの企業にとって、クラウドテクノロジーはまだデジタル化戦略の中で「端役」でしかないと Guo 氏は述べる。同社のミッションは、導入にかかるコストと障壁を下げ、企業における普及率を高めることだと話した。

さらに現在、何百万件もの中小企業と個人開発者にサービスを提供しているが、まだ獲得していない大勢の顧客がいると Guo 氏は語っている。

今日の産業や企業は、ある程度ボーダレスな世界でビジネスを展開している。現在同社サービスを受けている企業の多くは海外進出を目指しており、海外企業の多くは中国市場への参入に意欲的である。

Alibaba Cloud の海外進出戦略は、中国ビジネスのサプライチェーンを辿ることである。つまり、生産がシフトしつつある中国・東南アジア向けの輸出入拠点、香港に注力するということである。これは Alibaba の e コマース事業戦略と類似している。

2009年に設立された Alibaba のクラウドコンピューティング部門は、中国最大級のパブリッククラウドサービスプロバイダであり、ここ数年間で Alibaba のメイン事業の1つになりつつある。声明によると、同社のパブリッククラウドプラットフォームとクラウドコンピューティングテクノロジーは現在、e コマースや決済から物流、サプライチェーン管理まで手掛ける Alibaba のエコシステム全般を支えているという。

Alibaba Cloud は前述のサミットで、自動運転、機械翻訳、自然言語処理などの分野をサポートするスーパーコンピューティングサーバーインスタンス「X-dragon Super-Computing Cluster(神龍雲超級計算集群)」を含む一連の新製品を発表した。また、企業や開発者がクラウド上で SaaS アプリケーションを構築・ローンチできる SaaS Accelerator を立ち上げた。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------