転職支援プラットフォームのgrooves、ALL-JAPAN観光立国ファンドとJTBらから3億円を調達——宿泊施設向け国内外の高度人材採用支援を加速

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.4.24

Image credit: Masaru Ikeda

転職支援プラットフォームを運営する grooves(グルーヴス)は24日、地域創生ソリューションが運営する「ALL-JAPAN 観光立国ファンド」と JTB などから総額3億円を調達したと発表した。

地域創生ソリューションは、三菱東京 UFJ 銀行、積水ハウス、日本航空、三菱地所、三菱 UFJ 信託銀行、明治安田生命、地域金融機関を出資者に迎え、昨年4月、200億円規模となる ALL-JAPAN 観光立国ファンドを組成。宿泊施設、観光関連企業などへの投資を主としている。grooves では先ごろ、高度外国人材に特化した採用支援サービス「GRIP ON」を開始しており、これを通じて、宿泊施設向けに国内外の高度人材(ホスピタリティの経験やノウハウを有する人材、中核人材など)の採用支援を加速する。

左から:地域創生ソリューション 代表取締役 佐藤学氏、grooves 代表取締役 池見幸浩氏
Image credit: grooves

一方、grooves は今回、JTB からも資金調達したことを明らかにした。この調達には業務提携を伴っており、grooves と JTB の両社はツーリズム産業における高度外国人材の採用支援に取り組む。具体的には、全国宿泊施設を対象とした人材課題調査、複数地域での GRIP ON を通じた高度外国人材の紹介、外国人採用における定着プログラム、生活関連サポートプログラムを開発する。

このラウンド(ラウンド名は不明)には、ALL-JAPAN 観光立国ファンド、JTB に加え、既存投資家であるナント CVC ファンド(南都銀行とベンチャーラボインベストメントが運営)、ヒトメディア、インスパイア PNB パートナーズ、OKB キャピタル(大垣共立銀行)も出資参加した。ヒトメディアは、前回ラウンドからのフォローオンとなる。今回のラウンドを含め、これまでに THE BRIDGE が取り上げた grooves の資金調達で、金額が明らかになっているものの総和は13億2,000万円に達した(今回調達前の grooves の会社概要では、資本金は6億5,700万円)。

左から:JTB 常務取締役 金子和彦氏、grooves 代表取締役 池見幸浩氏
Image credit: grooves

grooves は国内における地方展開を念頭に、地銀や地銀系 VC などから積極的に資金を調達している。今回、ALL-JAPAN 観光立国ファンドから調達を行なったことで、直接的または間接的(ファンドの LP として)に資本関係を持った日本内外の金融機関は合計19行に達した。同社代表取締役の池見幸浩氏は、事業の ASEAN 展開を念頭に、昨年3月から活動拠点をマレーシアに移している。THE BRIDGE のインタビューに対し、池見氏は「はたらく × 旅行 × 海外」をコンセプトに、事業を日本と ASEAN 市場で積極的に拡大したいと意気込みを見せた。

2019年のラグビー世界杯、G20 サミット、2020年の東京五輪、2021年のワールドマスターズゲームズ関西、2025年の大阪万博と、日本では多くの世界的イベントを開催予定で、世界からも旅行先として注目度が高い状態。旅行者を受け入れるための外国人観光業プロフェッショナルを世界中から集客できる「世界がはたらきたくなる日本へ」変革していく必要がある。(中略)

全国のホテル、旅館に対して、外国人観光業の高度人材を紹介していく世界を、この夏にリリースする新サービスをプラットフォームとして実現してゆく。イスラム教に対応したホスピタリティ環境の実現、ハラール対応の食事環境、アラブ圏への効率的なマーケティング、ロシア語やスワヒリ語の対応人材等々……「世界が訪れたくなる日本」になるための環境を我々が人材面で支援していく。

内装工事中の grooves 本社オフィス
Image credit: grooves

池見氏は今回の資金調達をほぼ自ら、マレーシアから ZOOM を使ってテレカンベースで交渉しクロージングしたようだ。スタートアップのステージにもよるだろうが、東京にいなくても東京の投資家や VC と資金調達の話を進められたのは、テレワークの進んだ現在とはいえ、東京から離れて事業を営む地方の起業家にとっても心強い話である。現在、grooves は東京・南青山にあるオフィスを改装中で、85名いる社員の約7割は今年初めからフルリモートワークにスイッチしたという。新しい働き方に対応したオフィスは、6月にオープンする予定だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------