スポットコンサル「ビザスク」マザーズ上場へ、評価額は170億円規模

SHARE:
Screen Shot 2020-02-03 at 15.56.01
Image Credit : Visasq

スポットコンサル「ビザスク」を運営するビザスクは2月3日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認されたことを発表した。市場区分はマザーズで証券コードは4490。50万株を公募し、234万3200株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは42万6400株。主幹事はみずほ証券が務め、上場予定日は2020年3月10日。公募分を含めた総株数は818万5000株。想定公募価格の2100円から算出した評価額は約170億円。

価格の仮条件は2020年2月19日に決定し、ブックビルディング期間は2月20日から2月27日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は2月28日。同社公開の有価証券届出書によれば、2019年2月期(第7期)の通期売上高は6億1400万円で経常利益は2400万円。足下の第8期第3四半期の営業収益は累計で6億9700万円、経常利益が5700万円となっている。

Screen Shot 2020-02-03 at 15.55.48
Image Credit : Visasq

ビザスクの創業は2012年3月(創業時の社名はWalkntalk)。1時間単位で企業がプロフェッショナルな個人に相談できるコンサルティングサービス「ビザスク」シリーズを展開している。依頼を受けた個人は電話やオンラインでコンサルティングを提供し、支払いなどの業務処理をビザスクが仲介する仕組み。業界調査や情報収集などが主な目的として利用されている。

特にビザスク社が積極的に間に入って企業の依頼を分析し、適切なプロフェッショナル(同社ではアドバイザーと表記)を紹介し、コンサルティングの提供を実施する「ビザスクinterview」が全体の8割を占めており、2019年12月時点で4万4000件の依頼実績がある。登録されているアドバイザーの数は500業種、8万6000人。利用クライアント数は2020年第3四半期時点で423社。依頼金額を示す取扱高は同時期累計で11億2100万円となった。なお、主力商品である「ビザスクinterview」の1口座あたりスポットコンサル取扱高(1案件あたりの平均単価)は250万円。

主要な株主は端羽英子氏が筆頭で59.33%、DCMが関連するファンド合計で14.19%、ベンチャーユナイテッドが11.13%、サイバーエージェント・キャピタルが関連するファンド合計で7.22%、DBJキャピタルとみずほキャピタルが2.83%、個人として青柳直樹氏が0.91%、同社取締役CTOを務める花村創史氏が0.78と続く。