システム開発やスタートアップスタジオ運営のSun*(サンアスタリスク)、東証マザーズ上場へ

SHARE:
左から:取締役 梅田琢也氏、取締役 平井誠人氏、代表取締役 CEO 小林泰平氏、取締役 服部裕輔氏
Image credit: Sun*

システム開発やスタートアップスタジオを運営する Sun*(サンアスタリスク)は26日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認されたことを発表した。市場区分はマザーズで証券コードは4053。205万株を公募し、215万株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは63万株。主幹事は大和証券が務め、上場予定日は2020年7月31日。公募分を含めた総株数は420万株。想定公募価格の630円から算出した評価額は約230億円(上場時発行済株式数×想定公募価格)。

価格の仮条件は2020年7月13日に決定し、ブックビルディング期間は7月14日から7月20日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は7月21日。同社公開の有価証券届出書によれば、2019年12月決算の売上高は45億2,950万円で経常利益は4億8,619万円。2020年第1四半期連結累計期間の売上は14億734万円、経常利益は3億319万円だった。

主要株主は、平井誠人氏(取締役、34.37%)を筆頭に、服部裕輔氏(取締役、19.91%)、藤本一成氏(執行役員、13.05%)、糸井俊博氏(税理士・信託型 SO の受託者、8.23%)、小林泰平氏(代表取締役、7.70%)のほか、これまでに調達を発表した農林中金(5.55%)、ソニーネットワークコミュニケーションズ(0.55%)、Sony Innovation Fund by IGV(Innovation Growth Ventures、1.64%)、加賀電子(東証:8154、0.55%)、リバネスキャピタル(0.16%)、15th Rock Ventures(0.16%)などが名を連ねる。

Sun* の創業は2012年(創業時の名前はフランジア)。ベトナムをはじめとする東南アジア各国でのオフショア開発事業に加え、スタートアップスタジオ事業にも着手しており、一部、スタートアップへの投資も行っている(Flareテナンタなど)。最近では、リバネスと包括提携し、東南アジアで「テックプランター」輩出スタートアップを事業開発支援することも発表していた。

昨年には、エンジニア育成事業を展開するグルーヴ・ギアを子会社化している。

----------[AD]----------