BRIDGE

タグ Samsung

Samsung、2015年第1四半期のスマートフォン販売台数でAppleから王座を奪還

SHARE:

調査会社Strategy Analyticsが本日発表した調査内容によると、今年の第1四半期のスマートフォンの販売数においてSamsungはスマートフォン最大手のAppleを上回ったという。 同レポートに関する記事によると、第1四半期におけるSamsungのシェアは24.1%だったのに対し、Appleは17.7%だった。2014年の第4四半期のホリデーシーズンの期間は、両モバイルデバイスメーカーの…

samsung-galaxy-note-4-5
調査会社Strategy Analyticsが本日発表した調査内容によると、今年の第1四半期のスマートフォンの販売数においてSamsungはスマートフォン最大手のAppleを上回ったという。

同レポートに関する記事によると、第1四半期におけるSamsungのシェアは24.1%だったのに対し、Appleは17.7%だった。2014年の第4四半期のホリデーシーズンの期間は、両モバイルデバイスメーカーのシェアは肉薄しており、共に19.6%だったことがStrategy Analyticsの調査で判明した。

Strategy Analyticsによると、ソウルに拠点を置くSamsungの2015年第1四半期におけるスマートフォン出荷台数は8320万台だったのに対し、Appleは6120万台だった。Strategy Analyticsが集めたデータによると、SamsungとAppleに続いてLenovo-MotorolaとHuaweiが名を連ねている。

Samsungは、Galaxy S6 EdgeやGalaxy Noteのような人気のあるAndroidスマートフォンを販売している。Appleは、Apple Watchに重点を置く戦略を取り始めている。

Strategy Analyticsのレポートによると、スマートフォン市場全体は前年同期比で21%成長したが、その値は2014年の各四半期の成長率を下回っている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

SamsungがIoTスタートアップに1億ドルの投資を表明

SHARE:

<ピックアップ>Samsung to invest $100M in Internet of Things developers (Venture Beat) ラスベガスでは CES (Consumer Electronics Show)が開かれており、日本時間では、明日が最終日ということになります。一年の初めに開催されるイベントということもあり、大手メーカーとスタートアップが、互いに…

IoT_KeyNote_Large-0
CES 2015 で発表するCEO Boo-Keun Yoon 氏(写真は、Samsung のウェブサイトから)

<ピックアップ>Samsung to invest $100M in Internet of Things developers (Venture Beat)

ラスベガスでは CES (Consumer Electronics Show)が開かれており、日本時間では、明日が最終日ということになります。一年の初めに開催されるイベントということもあり、大手メーカーとスタートアップが、互いに競争したりコラボレーションを始めたりする上での好機会となっています。

さて、そんな中、この分野では無視できない企業の一つである Samsung が IoT 分野へ1億ドルの拠出を表明しました。Samsung の CEO Boo-Keun Yoon 氏によれば、2017年には同社製品の約9割がなんらかの形でインターネットにつながる IoT になるとのこと。これに備えて、今から IoT に強いスタートアップとお付き合いしておきましょう、というわけです。

先日書いた台湾のスタートアップ・シーンの話でも、Foxconn(鴻海)が積極的に IoT スタートアップを支援することについて触れました。結局、彼らにとっても、スタートアップを支援することは、自らのビジネスを助けることになるわけであり、いいサイクルが回り始めた気がします。

私が情報に疎いだけかもしれませんが、日本の有名メーカーからは、この種のニュースを今のところ耳にしていません。家電は日本メーカーの独壇場だけに、海外メーカーに溝を開けられてしまったモバイル業界の二の舞になるのだけは避けてほしいところです。

SamsungとDiesel Black Goldがコラボ、Gear S用カスタムバンドを発表

SHARE:

Samsungは、イタリアのアパレルメーカーDieselが展開するブランド「Diesel Black Gold」とのコラボレーションを発表した。Diesel Black Goldによってデザインされた、スマートウォッチSamsung Gear S用のバンドが同ブランドの2015年春夏コレクションのランウェイで披露された。 この2015年春夏コレクションは高度な様式美を持つニューウェーブ・ロックスタ…


NDR_7652_R

Samsungは、イタリアのアパレルメーカーDieselが展開するブランド「Diesel Black Gold」とのコラボレーションを発表した。Diesel Black Goldによってデザインされた、スマートウォッチSamsung Gear S用のバンドが同ブランドの2015年春夏コレクションのランウェイで披露された。

diesel720-0

この2015年春夏コレクションは高度な様式美を持つニューウェーブ・ロックスターやタフなロカビリー・ヒロインから着想を得ているとのことで、シャープさを表すために革と金属を使ったバンドがこのデバイスが使われている。

NDR_7668_R

Diesel Black Goldのクリエイティブディレクター、アンドリアス・メルボスタッド氏は、「私はGear Sを利用してDiesel Black GoldのDNAを注入したいと思った。このデバイスのパーソナライズ化したバージョンを開発することはインスピレーションが求められるチャレンジだったが、なんとかこのデバイスが個人や個人の表現を拡張するものになった」と述べている。

また両社は、VRヘッドマウントディスプレイ「Samsung Gear VR」で再生するランウェイの360度ビューのビデオを作るための協力もしている。

SamsungがIoT関連スタートアップ SmartThings を買収、金額は約2億ドルの見込み

SHARE:

Samsungが先月、モノのインターネット、「Internet of Things(IoT)」関連のスタートアップ、SmartThingsの買収を明らかにした。買収額は明かされていないが、Re/codeの報道によれば約2億ドルという話もでている。 SmartThingsは、2012年にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金を調達して創業したスタートアップ。家電製品や家の空間を…


SmartThings

Samsungが先月、モノのインターネット、「Internet of Things(IoT)」関連のスタートアップ、SmartThingsの買収を明らかにした。買収額は明かされていないが、Re/codeの報道によれば約2億ドルという話もでている。

SmartThingsは、2012年にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金を調達して創業したスタートアップ。家電製品や家の空間をモバイル経由で操作可能にするガジェットを提供している。

提供されているガジェットは、電源のオンオフや、ドアの開け閉めを可能にするもの、センサー機能が搭載されたものや、ウェアラブル端末まで様々だ。これらの全てのガジェットはハブと呼ばれるWi-Fiルーター経由でモバイルからコントロール可能となっている。

products

この売却に伴って、SmartThingsの従業員55人は、カリフォルニア州パロアルトに位置するSamsungのOpen Innovation Center (OIC) に加わることになるという。

SmartThings CEOのAlex Hawkinson氏はThe Vergeの取材に答えたインタビューのなかで、「独立を維持しながらもSamsungの世界的なスケールメリットを活かせるようになることが売却の決め手となった」とコメントしている。



低価格スマートフォン3機種でインド市場において打倒SamsungをもくろむXiaomi(小米)

SHARE:

Xiaomi(小米)は本日(編集部注:本翻訳記事の初出は7月15日)、フラッグシップのスマートフォンMi3を7月22日にインドで発売する予定であることを発表し、インドのスマートフォン市場においてSamsungに挑戦することが明らかになった。より低価格なXiaomi Redmi 1SとRedmi Noteは後日発売される。 Xiaomi Mi3は1万3,999インドルピー(232米ドル)で、7月22…

xiaomi-pic-720x319

Xiaomi(小米)は本日(編集部注:本翻訳記事の初出は7月15日)、フラッグシップのスマートフォンMi3を7月22日にインドで発売する予定であることを発表し、インドのスマートフォン市場においてSamsungに挑戦することが明らかになった。より低価格なXiaomi Redmi 1SとRedmi Noteは後日発売される。

  • Xiaomi Mi3は1万3,999インドルピー(232米ドル)で、7月22日の出荷に先がけて既に予約注文が可能
  • Xiaomi Redmi 1Sは6,999インドルピー(116米ドル)で、近日発売
  • Xiaomi Redmi Noteは9,999インドルピー(166米ドル)で、これも近日発売

これら3つのスマートフォンはすべて、インド最大のeコマースサイトFlipkart限定で発売される。

この最強スマートフォンMi3は、Samsungで同様のスペックを持つフラッグシップフォンよりはるかに安価である。

インドの消費者はアフターサービスの質も求めていることを念頭に置き、Xiaomiはインド全土のサービスセンターに投資している。まずはじめに、専用のMiセンターがバンガロールとデリーにあり、20のインド主要都市の34ヶ所に、複数ブランドを販売する店舗と共同でサービスセンターを設置している。Xiaomiはこういったアフターサービス拠点が、500の拠点を持つ本拠地中国でのカバー率といずれ同等になることを約束した。また、Xiaomiは他のパートナー企業に対して、カスタマーサービス、修理、インド向けサポートなどについて門戸を開放している。

Xiaomiは本日、彼らのMIUI(AndroidをモディファイしたUI)のインド語への翻訳はかなり進んでいることを明らかにした。

Samsungへの挑戦

本日のデリーでの正式なローンチイベントで、Xiaomi社長で共同創業者であるBin Lin氏と、副社長のHugo Barra氏、そしてインドの事業部長であるManu Jain氏は、同社がどのようにしてインド市場で韓国大手のSamsungに挑戦するかを明らかにした。

Samsungは昨年の全世界のスマートフォン市場でトップの座におり、シェアは31%であった。インドでは、2013年に4,400万台を販売し、2013年第4四半期、IDCのマーケットレポートデータによれば38%のシェアで市場1位であった。2位以下はMicromax(16%)、Karbonn(10%)、Sony(5%)、Lava(4.7%)となっている。

Xiaomiは2013年に、彼らが販売している全市場の合計で1,870万台のスマートフォンを販売し、2014年には6,000万台の販売を目指している。そのほとんどは中国本土での販売であり、インドのような巨大市場は野心的な同社にとって、大きな転換点になるかもしれない。

Redmi--720x318

Samsung Galaxyを下回る低価格

Xiaomi Mi3はQualcomm Snapdragon 800 2.3GHzクアッドコアプロセッサと2GB RAMを装備し、F/2.2 1300万画素、28mm広角カメラを背面に、200万画素のカメラを前面に、そして16GBの内蔵ストレージを持ち、XiaomiのAndroid 4.3ベースのMIUIオペレーティングシステムで動作する。それにもかかわらずXiaomiはMi3の価格を戦略的に設定し、SamsungのフラッグシップであるGalaxyを下回っている。

Mi3をSamsung Galaxyと比較し、Hugo Barra氏はこう指摘している。

「Samsungの似たようなスペックのスマートフォンはMi3の2~3倍の高価格です。インドの消費者は価格に敏感で、私たちはそれを熟知しています」

Manu Jain氏によれば、この低価格はXiaomiの独占的販売パートナーであるインドのeコマース大手Flipkartによってもたらされたメリットもあるという。「Flipkartとの提携により、私たちは既に確立されたインド全土への販売ネットワークを利用することができ、物流コストを大きく削減することができます。これにより、製品の価格を下げることにも貢献しているのです」。

Flipkart共同設立者兼CEOのSachin Bansal氏はXiaomiのローンチイベントに出席し、両社が2つの点で似通っていたことから、「Flipkartの力」をXiaomiにもたらすことは容易だったと語っている。第一に、XiaomiもFlipkartも根本的にはテクノロジー企業であること、第2に、両社の目標は消費者に比類ないサービスを提供することであること。Bansal氏はこう付け加えた。

「Xiaomiはインドでのスマートフォン販売の手法を変えようとしています。そして、インド人の中国製品に対する見方も変えようとしているのです」

Xiaomiは、オンライン販売によって通常の販売よりおよそ20%のコスト削減が可能で、また従来のように広告宣伝を大々的に展開するよりもソーシャルメディアの活用も上手い。Bin Lin氏はこれらのコスト削減は顧客に還元されるとした。これは、1万3,999インドルピーの価格が可能な理由の1つである。

xiaomi-flipkart-720x262

私たちは、インドのインド企業になりたいのです

インド国内での36のサービスセンターに加えて、Xiaomiはホットライン~1-800-103-6286~を設置し、年中無休で午前9時から午後6時までカスタマーサポートを提供する。Xiaomiはまた、スマートフォンの配色やデザインを作るデザイナーと開発者をインド中から集めようとしている。Barra氏は「Bollywoodではカラフルな色のデザインが生まれることになるでしょう」と示唆する。さらにこう続けた。

「私たちは、インドの消費者がサービスの質によって購買を決定することを認識しています。そのため他のどの企業より良いサービスを提供したいのです。私たちは『インドの中国企業』になりたいのではなく、『インドのインド企業』になりたいのです。そして理想的な前進を遂げています」

本日、FlipkartのスペシャルウェブページでMi3の予約販売の受付が始まった。7月22日から販売が開始される。MotorolaがFlipkartのオンラインでのみ販売した実績を考えると、Mi3のインドへの出荷数量が初期の需要を満たせるかチェックしていきたいところだ。

【原文】
【via Tech in Asia】 @TechinAsia

Xiaomi(小米)がSamsungを抜き、中国最大のスマートフォンブランドに

SHARE:

リサーチ会社のCanalysが発表した新しいデータが示している通り、Xiaomi(小米)の躍進は止まらないようだ。2014年第2四半期の新しい数字によると、XiaomiはSamsung(005930:KS)をあっさり抜いて出荷ベースで中国最大のスマートフォンブランドになった。第1四半期は、Samsung(1位)とLenovo(2位)に続きXiaomiは3位だったが、そこからの躍進となる。 Cana…

SAMSUNG CSC

リサーチ会社のCanalysが発表した新しいデータが示している通り、Xiaomi(小米)の躍進は止まらないようだ。2014年第2四半期の新しい数字によると、XiaomiはSamsung(005930:KS)をあっさり抜いて出荷ベースで中国最大のスマートフォンブランドになった。第1四半期は、Samsung(1位)とLenovo(2位)に続きXiaomiは3位だったが、そこからの躍進となる。

Canalysによると、第2四半期のスマートフォンのマーケットシェアを出荷ベースで見ると14%のXiaomiに対して、Samsung、Lenovo(HKG:0992)そしてCoolpad(HKG:2369)がそれぞれ12%で同率2位だ。Huaweiは11%で追っている(これを見つけてくれたWSJに感謝)。

こちらが、マーケットシェアの表となる

Xiaomi-leaps-over-Samsung-is-now-Chinas-biggest-smartphone-brand-graph-1

Canalysの2013年第2四半期と2014年第2四半期の出荷台数を見ると、Samsungの出荷台数は(1550万台から1320万台に)過去1年で減少しているが、一方Xiaomiの出荷台数は同じ時期に440万台から1500万台へと大幅に増加した。

Xiaomi-leaps-over-Samsung-is-now-Chinas-biggest-smartphone-brand-graph-2

Xiaomiの戦略は?ーー主に価格だ。まもなく後継機種のMi4がリリースされるXiaomiのフラッグシップ機種のMi3に関して言えば、スペック的にはSamsung Galaxy S5に匹敵するが、価格は半額だ。ハードウェアの品質は同等で、XiaomiのAndroid版の方がSamsungより良いとさえ言っている人もいる。中国の新しいAndroidフォンの平均価格はたった233米ドルだ。XiaomiのMi3は1,499人民元(243米ドル)から価格設定されており、消費者が新しいデバイスに対して払ってもいいと思う希望購入価格帯をみごとについている。

Xiaomiは2014年の上半期で2,610万台のスマートフォンを販売しており、年末までにトータルで6,000万台販売することを目指している。直接XiaomiやSamsungから実際の販売数を入手できる機会は1回しかないが、中国市場の激戦でどちらが優勢に立っているかまもなくわかるだろう。

【原文】
【via Tech in Asia】 @TechinAsia

Samsungがスマホと連動し乗り手を安全にするためのスマートバイクのプロトタイプを発表

SHARE:

イタリアの「ISTAT (National Institute of Statistics)」によれば、自転車は最も高い死亡率であり、一番安全ではない乗り物だという。「Samsung Smart Bike」 は、ミラノデザインウィークで初めて登場し、ジャーナリストたちから注目を集めた。 同自転車は、「Samsung Maestros Academy」から生まれた注目のプロジェクトだ。有名なフレーム…


Samsung Smart Bike

イタリアの「ISTAT (National Institute of Statistics)」によれば、自転車は最も高い死亡率であり、一番安全ではない乗り物だという。「Samsung Smart Bike」 は、ミラノデザインウィークで初めて登場し、ジャーナリストたちから注目を集めた。

同自転車は、「Samsung Maestros Academy」から生まれた注目のプロジェクトだ。有名なフレーム作成者である職人のGiovanni Pelizzoli氏と、Samsung Maestros Academyの生徒Alice Biotti氏の協働で誕生した自転車のプロトタイプ。

「Samsung Smart Bike」は、振動を無効にするフレーム、他の乗り手に対してアラートを出すレーザービーム、GPSシステムなど、乗り手を安全にするためのいくつかの機能を備えており、Samsung製のスマートフォンから操作することができる。

自転車のフロント部分にはスマートフォンを備え付けられるようになっており、スマホは距離や速度、方向をトラックすることができる。そして、スマホはカメラを用いて自転車後方の様子をリアルタイムに表示することもでき、後方確認も可能となっている。

以下は、「Samsung Smart Bike」のデモ映像だ。



このバイクがただのデザインコンセプトなのか、今後製品化の予定があるのかは明らかになっていない。

Xiaomiがスマートフォン出荷台数でHTCを退け、世界トップ10に食い込む

SHARE:

See the original story on Tech in Asia. 2014年第1四半期におけるスマートフォンの全世界出荷台数は2億7940万台で、そのうち9750万台は中国国内であった。Canalysによる新しい統計で最も目を見張るのは、中国の携帯電話機メーカーXiaomiが初めて世界トップ10に食い込んだことである。 中国国内の消費者のおかげで、今や携帯電話ブランドの世界トップ10…

スクリーンショット 2014-05-31 11.50.55

See the original story on Tech in Asia.

2014年第1四半期におけるスマートフォンの全世界出荷台数は2億7940万台で、そのうち9750万台は中国国内であった。Canalysによる新しい統計で最も目を見張るのは、中国の携帯電話機メーカーXiaomiが初めて世界トップ10に食い込んだことである。

中国国内の消費者のおかげで、今や携帯電話ブランドの世界トップ10の半数が中国メーカーである。Huaweiが3位、Lenovoが4位、Xiaomiが6位でデビュー、そしてCoolpadが8位、ZTEが9位と続く。Samsungが出荷台数の31%を占めて依然として世界トップであり、Appleが16%で2位につけている。

アナリストのTomi Ahonen氏は、Xiaomiが世界トップ10入りしたことでHTCが事実上トップ10落ちしたことを今朝のTwitterでつぶやいている。

「ところで、Canalysは今頃になって私が先週お伝えしたことを記事にしてます。Xiaomiは、(HTCを退け)第1四半期に10大スマートフォンメーカーの仲間入りを果たしました」(Tomi Ahonen氏)。

Samsungは中国で優勢を維持

Samsungは、中国市場で国内メーカーと競合しながらも18%のシェアで依然先頭を走り続けている。Xiaomiは最新データによる大躍進を遂げ、国内市場で3位に浮上している。Canalysは、中国や全世界上位10社の情報全てを明らかにしなかった。

Canalysによると、Xiaomiは携帯電話の97%を中国本土へ出荷している。したがってスマートフォンの45%を中国国外に出荷するHuaweiのような中国ブランドと違い、真のグローバル企業とは言えない。

XiaomiはAndroidベースの携帯電話を中国、香港、台湾、およびシンガポールで販売している。同社は新たにインドやインドネシアといった主要市場など10ヶ国において今年中にローンチできるよう準備している。先週XiaomiのHugo Barra氏はTech in Asiaに対して今後数週間以内にマレーシアでローンチを予定していると説明した。

via Tech in Asia【原文】

サムスン、医療領域のための5000万米ドル規模のファンドを設立

SHARE:

<ピックアップ> Samsung Puts $50 Million Behind Health Care Initiative サムスンは5月28日、サンフランシスコでヘルスケアテクノロジーに関するイベントを開催し、現在進行中のプロジェクトと新しいファンドについて発表しました。同社は共同で開発する企業への資金として、新たに5000万米ドルのファンドを用意したとのことです。 米国の各メデ…

スクリーンショット 2014-06-02 9.31.29

<ピックアップ> Samsung Puts $50 Million Behind Health Care Initiative

サムスンは5月28日、サンフランシスコでヘルスケアテクノロジーに関するイベントを開催し、現在進行中のプロジェクトと新しいファンドについて発表しました。同社は共同で開発する企業への資金として、新たに5000万米ドルのファンドを用意したとのことです。

米国の各メディアは今回のサムスンのイベントについてかなり辛口の意見を持っているようです。その一方で、サムスンは最先端の高度医療センターと研究施設を持っていて、かなり前から医療領域の研究を進めています。

Via Re/code

サムスンの2014年Q1のスマートウォッチ出荷台数は50万台に

SHARE:

<ピックアップ> Samsung ships 500,000 smartwatches in Q1 2014, smartwatch market doubles in size スマート系ウェアラブルデバイスの本命はアイウェアかリストウォッチですが、(今朝、頭に載せるカメラは上場申請しましたね)そこをグイグイ推進するサムスンのスマートウォッチの出荷台数が好調のご様子です。 2014年…

Samsung_Galaxy_Gear_Watch__Jet_Black__-_1_63_Super_AMOLED__1_9MP__4GB_-_Samsung_UK

<ピックアップ> Samsung ships 500,000 smartwatches in Q1 2014, smartwatch market doubles in size

スマート系ウェアラブルデバイスの本命はアイウェアかリストウォッチですが、(今朝、頭に載せるカメラは上場申請しましたね)そこをグイグイ推進するサムスンのスマートウォッチの出荷台数が好調のご様子です。

2014年Q1だけで50万台出荷ですので、以前、報じられたスマートウォッチ元祖Pebbleの2013年1年分の出荷台数である40万台を超える台数になっております。

VBの記事によればマーケットシェアは実に71%で、ほぼサムスンとPebbleじゃないかという結果はさておき、Googleというかモトローラーの「Moto360」もまだ控えておりますし、Appleのスマートウォッチの話題も絶えず出てきておりますので、どこで着火するのか楽しみな市場ではないでしょうか。

via VentureBeat 【G翻訳】