いよいよ明日から、SFと東京の起業家コミュニティをつなぐ「Startup the Party SF x Tokyo」がスタート

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.9.12

startup-the-party-tokyo-x-sf

来週の東京は、スタートアップ関連イベントが目白押しだ。ad:tech Tokyo や東京ゲームショウ2014 や、これらの国際イベントにタイミングを併せて訪日するイギリス、カナダ、ドイツなどのスタートアップとのミートアップ・イベントで、筆者のスケジュール帳も溢れかえっている(これらのイベントの詳細については、必要に応じて THE BRIDGE の日本語版読者向け Facebook グループを参照してほしい)。

9月13日からの約1週間は、都内各地で Startup the Party SF x Tokyo と題したスタートアップ・イベントが開催される。このイベントはもともと、Facebook や Dropbox の初期メンバーなど、シリコンバレーのベテラン起業家たちが日本の野外音楽フェスティバル Labyrinth に参加したいと、日本の起業家にコンタクトを取ったことに端を発する。したがって、シリコンバレーからの参加者の多くは、13〜15日の3日間は、新潟・苗場で開催される Labyrinth に行っているようだ。

16日以降は、ラピッドプロトタイピングや東京のスタートアップのオフィスツアーなど、いくつかの興味深いプログラムで構成されているが、中でも目玉は18日に西麻布で開催されるプレゼンテーション・プログラムだろう。Lean UX の第一人者で Adaptive Path の創業者 Janice Fraser 氏(関連記事)による講演のほか、パネルディスカッションでは、「海外と比較した日本市場のチャレンジ・ポテンシャル」と題し、児玉太郎氏(元Facebook 日本法人カントリーグロースマネージャー)、Hannes Graah 氏(Spotify Japan カントリーマネージャー)、前田ヒロ氏(BEENOS マネージングパートナー)がセッションを行う他、Will Stockwell 氏(Dropbox 初期メンバー)、Arjun Banker 氏(Facebook 初期メンバー)、Katie Zacarian 氏(Facebook 初期メンバー)が「どのようにしてテクノロジーは社会の進歩の触媒になりうるか」をテーマとして議論を深める。

THE BRIDGE では Startup the Party SF x Tokyo のメディアパートナーを務めるので、期間中は、今回のツアーの参加者の声を現地からお伝えしたいと思う。読者の中で参加を希望する人は、ここから申し込むとよいだろう。

※ 18日のプレゼンテーション・プログラムは英語で行われ、英→日の通訳は提供されません。

fs20121030a2a

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------