シリコンバレー屈指のアクセラレータPlug and Play、大企業7社をパートナーに迎え日本プログラムを始動——「Batch 0」参加チームを募集開始

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.9.1

Plug and Play Japan のマネジメントチーム
左から:江原伸悟氏(Program Manager/プロジェクトマネジャー)、Phillip Seiji Vincent 氏(Managing Partner/代表取締役、矢澤麻里子氏(Venture Partner/取締役)

起業家でシリコンバレーに行ったことがあるなら、Plug and Play の名前を耳にしたことのない人はいないだろう。Plug and Play はアメリカ・サニーベールに本拠を置くスタートアップ・アクセラレータで、世界10カ国22ロケーションでアクセラレータプログラムを展開している。アジアでは、シンガポールの Singapore Press Holdings との協業で、メディア系スタートアップ向けのアクセラレータプログラム「SPH Plug & Play」を2015年4月にスタート、このときには、「アジアでは、Plug and Play が日本ではなくシンガポールでプログラムを開始することになったのだな」と感じたのを覚えている(SPH Plug & Play は2016年にプログラムを終了、インドネシアで新しいプログラムがスタートしている)。

そんな Plug and Play がついに日本に進出だ。Plug and Play は日本法人となる Plug and Play Japan を設立、日本での本格的活動を開始した。Plug and Play Japan の代表には、シリコンバレー本社で2つのイノベーションプラットフォームのディレクターを務めた Phillip Seiji Vincent(フィリップ・誠慈・ヴィンセント)氏が就任。Vincent 氏に加え、プログラムを運営する主要メンバーには、元サムライインキュベートの矢澤麻里子氏が Venture Partner/取締役として、また、楽天 SuperSALE のプロジェクトリーダーや楽天買収先の Viber でマーケティングなどに従事した江原伸悟氏が、Program Manager/プロジェクトマネジャーとして就任することが明らかになった。

サニーベールの Plug and Play Tech Center
Image credit: Plug and Play

これまでに THE BRIDGE では、世界のスタートアップ・エコシステムをベンチマークする Compass(旧 Startup Genome)の記事をお伝えしているが、毎年発表される Global Startup Ecosystem Ranking に、東京を含む日本の都市が登場したことは一度も無い。極論すれば、世界は日本にスタートアップ・エコシステムが存在しているとは認識していないということになる。これは我々メディアの怠慢も一因かもしれないのだが、THE BRIDGE が英語版を立ち上げたときの一つの理由としても述べたように、日本のスタートアップ・エコシステムを活性化させ、それを世界に認知してもらうことは大きな課題だ。Plug and Play が日本に進出した背景には、THE BRIDGE の思いと同様、スタートアップ・エコシステムを日本に根付かせたいという思いが大きいと、Vincent 氏は語ってくれた。

日本でのアクセラレータプログラム展開にあたっては、Plug and Play Japan 公式パートナーである三菱東京 UFJ 銀行、東急不動産、電通、パナソニック、SOMPO ホールディングス、富士通、フジクラとともにオープンイノベーションの可能性を模索する。また、東急不動産とは渋谷にコワーキングスペースを開設予定で(2017年10月末稼働予定)、アクセラレータプログラム参加スタートアップ、公式パートナーのスタートアップ連携担当者、希望する一般スタートアップなどが入居する見込み。

Plug and Play Japan では本日から、日本初開催となるアクセラレータプログラム「Batch 0」への参加を希望するスタートアップの募集を開始した。FinTech、IoT、InsureTech の3つのバーティカルを主軸にスタートアップ20〜25社が採択される予定で、前出の公式パートナーのほか、Plug and Play の世界ネットワークを通じて集められた、日本市場への進出を希望する世界のスタートアップとのコラボレーションも、渋谷の同社コワーキングスペースを中心に積極展開される計画だ。Batch 0 への応募はこのフォームから可能で、締切は9月15日、プログラム開始は11月8日となっている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------