月面探査チーム「HAKUTO」運営のispace、事業会社やファンド12社から101.5億円を調達——国内のシリーズAラウンドで史上最高調達額

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.12.13

ispaceランダー(月着陸船)のコンセプトモデルイメージ
Image credit: ispace

月面無人探査コンテスト「Google Lunar XPRIZE」への参加で知られる探査チーム「HAKUTO」運営の ispace は13日、シリーズ A ラウンドで総額101.5億円を調達したとを発表した。このラウンドに参加したのは、産業革新機構、日本政策投資銀行、東京放送ホールディングス(東証:9401)、コニカミノルタ(東証:4902)、清水建設(東証:1803)、スズキ(東証:7269)、電通、リアルテックファンド(運営元は、ユーグレナ SMBC 日興リバネスキャピタル)、KDDI(東証:9433)、日本航空(東証:9201)、凸版印刷(東証:7911)、スパークス・グループ(東証:8739)。日本国内におけるシリーズ A ラウンドとしては、史上最高の調達額となる。

<関連記事>

今回の資金調達により、ispace は民間では日本初となる、独自開発の月着陸船による「月周回」と「月面着陸」の2つの月探査ミッションを始動させるとしている。同社は独自開発の月着陸船を2020年末までを目途に2回打ち上げ、Mission 1として2019年末頃に月周回軌道へ投入して軌道上からの月探査を、Mission 2として2020年末頃に月面に軟着陸して月面探査ローバーで月面探査を行う予定だ。

via PR Times

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------