中国のオンライン小売大手JD(京東)、国外初の無人店舗をジャカルタに開店

by Tech in Asia Tech in Asia on 2018.8.11

中国のオンライン小売大手 JD(京東)がインドネシアで無人ストアを開店した。同社によれば、東南アジアの国では初となる。これは Alibaba(阿里巴巴)の最大のライバルである JD の地域展開強化のさらなる兆候だ。

ジャカルタの主要ショッピングモールの1つの中にある270平方メートルの店舗は、JD が海外で初めてローンチするレジのない店舗となる。JD は中国では無人店舗を20ヶ所すでに運営しているが、この店舗はこれまでに同社が開店した中で最大規模となる。

このジャカルタ支店では、顧客は商品を選び自分でチェックアウトできる。商品に付いているタグを追跡するテクノロジーである RFID(Radio Frequency Identification)と店舗の出口での顔認識により、商品と顧客をマッチングし、顧客はクレジットカードで支払いをする。同店は「他のキャッシュレス支払い方法」も将来的に対応する予定であると JD インドネシアのコーポレートコミュニケーション兼広報部を率いる Teddy Arifianto 氏は Tech in Asia に語った。

店舗内のカメラは顧客の動きのモニターにも利用でき、JD はこのトラフィックデータを利用して在庫を最適化したり、商品を推薦したりできる。

JD は2016年にインドネシアのeコマースサイトをローンチし、全国2,000万人の顧客にサービスを提供してきた実績があるとしている。同社では9ヶ所ある倉庫のネットワークにさらに倉庫を追加する計画があり、注文の85%が同日または翌日に配達できるようになる。

東南アジアでは、中国のハイテク大手企業各社の投資が加熱している。JD はタイのオンラインファッションブランド Pomelo の投資ラウンドをリードし、インドネシアの配車サービス企業 Go-Jek に投資したとも報じられている。Alibaba も同地域の e コマース大手の Lazada を買収するなど、同様の動きを見せている。

中国のスタートアップも数社が無人店舗を開店した。この業界の申し子は Bingobox(繽果盒子)で、1月の時点で国内29都市に200店舗を展開している。

【原文】

【via Technode】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------