FC2はさらに大きな市場に向けてウェブサービスを広め続けている

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

最近、ネバダ州に本社があるWeb配信サービス企業のFC2について話題にしたばかりだ。FC2のブログサービスは日本でもトップクラスの人気 [1]を誇り、ビデオ配信サービスも人気が高い。そして彼らはインドネシアにもこの頃進出している。

FC2は、その他の大きな市場にも目を向けているとある担当者が語ってくれた。そのライブチャットサービス(livechat.fc2.com)は複数の言語でリリースしており、インドネシア語、朝鮮語、繁体字中国語などに対応している。中国のリリースには慎重に検討しているとのことだ。FC2ビデオ配信サービスと同じように、FC2ライブチャットサービスも明らかにアダルトサイトと見られており、アジアのある地域、特にインドネシア中国では議論を呼びそうだ。

FC2はブラジルもターゲットにしており、ポルトガル語を対応言語のサポートリストに加えた(blog.fc2.com/ptを参照)。comScoreの調査によると、2011年6月にブラジルのオンライン人口の85.2パーセントがブログを訪問しており、利用人口が多い国々に並ぶほど多くの人がブログを見ている。これはトップの台湾の85.5パーセント[1]に次ぐものだ。ブラジルはインターネット人口がおよそ8,200万人と世界第5位だ。

1. comScoreの2011年の調査による

【via PennOlson】 @pennolson

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録