シンガポールのChannel News AsiaがiPhone&iPad向けの新アプリをリリース。ニュース体験をユーザに届ける

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】


シンガポール拠点のTV局Channel NewsAsiaが、iPhoneおよびiPad向けの新しいアプリをリリースした。アジア全領域で使える無料ニュースアプリで、人々が「市民ジャーナリスト」となってユーザ作成型コンテンツを投稿したり、フルスクリーンの写真ギャラリーを見たり、投票に参加したりできる。また、チャンネルの番組表や各地の天気の確認、読んでいるニュースをソーシャルメディアで共有することも可能だ。

同アプリは、古臭い旧式のものにとって代わり新たにiPadにも対応する。これにより、TV局はCNNやBBC等の格好いいアプリと足並みをそろえることができる。Android版はまだデジタル暗黒時代にあるが、ある時点で同様に生まれ変わる必要があるだろう。

記事は、オフラインでも読めるようにアプリ内でダウンロードできる。これは多くのニュースアプリにあまり備わっていない好ましい機能だ。しかしその一方で、Channel NewsAsiaでは記事が3日間しか見れないよう制限されているため、せっかくの機能が台無しになってしまう。このため、後で時間のあるときに読むために保存するには、InstagramやPocket(旧名 ReadItLater)を使う方がマシだ。

アプリはChannel NewsAsiaのためにシンガポールの開発会社Cyclone Digitalによって開発された。プレスリリースで同社MDであるSarah Doery氏は下記のように語っている。

「私たちはChannel NewsAsiaと密接にタッグを組んで、直観的でダイナミックなアプローチでこのアプリを開発しました。このアプリで、リッチで深みのあるニュース体験をユーザの皆様に楽しんでいただけると確信しています」。

この新しいChannel NewsAsiaアプリはiTunes Storeから入手できる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia