デジタルコンテンツ販売プラットフォームGumroadが全銀対応、日本のコンテンツ販売ユーザの銀行出金が可能に

by Rick Martin Rick Martin on 2013.10.30

gumroad-620x306

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

サンフランシスコのスタートアップ Gumroad が、デジタル商品の販売プラットフォームをローンチしたのは、2012年2月のことだ。Gumroad を使えば、ミュージシャン、作家、ソフトウェア開発者、漫画家など、あらゆるクリエイターが商品をネット上で簡単に販売できる。

同社の成長戦略を司る Ryan Delk から、Gumroad がローンチ直後から、日本のクリエイターの間で人気を得るようになったと聞き驚いた。「なるべくして、そうなった」と Ryan は語る。

同社は日本のユーザによりよいサービスを提供すべく、商品を販売するユーザに対して、全銀システム経由で支払ができるしくみを開発中だ。Ryan によれば、これは同社にとって初の海外対応だ。全銀は日本の銀行が送金に用いるプロトコルで、Gumroad が全銀に対応することで、販売ユーザはPayPalなどを経由せず、直接、自分の銀行に売上を送金できるようになる。[1]

全銀システムへの対応は約3週間前からベータテストを始めたとのことだが、今までのところ、それはよい成果を導いているようだ。

既存の販売ユーザから全銀対応するようにしたところ、クリエイター(販売ユーザ側)の日本市場の伸びは、世界平均を28%上回るようになりました。

私は、全銀送金のしくみを活用している日本の販売ユーザ例を尋ねてみた。興味深いことに、彼はクリエティブで有名な明和電機の名前を挙げ、彼らは新しいアイデアの考え方に関する書籍を販売していた。

日本ではよく似た(またはコピー?)サービスとして、ameroad が存在する。このサービスはヤフオクで150万円で売却され、非常に短期間での売却案件としてよく知られている。今ではその存在は忘れ去られたようで、Gumroad の競合には成り得ないだろう。


  1. 販売ユーザは、最小100ドルから、全銀連携を使って翌金曜日に出金をすることができる。Gumroad の出金ページの全銀の欄でセットアップ可能だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------