駐車場不足を解消する、空き駐車場のシェアリングサービス「あきっぱ!」がベータ版をリリース

by Eguchi Shintaro Eguchi Shintaro on 2014.4.25

akippa

大阪を拠点に活動しているギャラクシーエージェンシーは4月25日、空き駐車場スペースのシェアリングサービス「あきっぱ!」のベータ版をリリースしたと発表した。

筆者は、サービスのプレローンチの際にも、ギャラクシーエージェンシー代表取締役社長の金谷元気氏に対してインタビューを行ったので、そちらも参照してもらいたい。

あきっぱ!」は、全国各地にある月極駐車場や空きスペースを、一日最大料金500円で駐車できるサービスだ。スペースを貸したいオーナー側は、空いてるスペースをあきっぱ!に登録するだけで、オンラインで駐車場を貸し出すことができる。月極駐車場をもっていない一般の人も、家の前など空いている駐車スペースを貸し出すことが可能だ。

一般社団法人全日本駐車場協会の発表によると、乗用車は現在6000万台ありますが、一時利用駐車場は440万台しかありません。そのため、ユーザは無駄なガソリンを使って駐車場を探し回ることとなり、ドライバーにとっては大きな痛手です。駐車スペース不足による路上駐車も、大きな社会問題のひとつとなっています。

こうした問題を解決するために、遊休地を効率的に活用することで問題解決を図りたいと考え、駐車場版『Airbnb』をコンセプトにしたのがあきっぱ!です。

ユーザ側は、最大10日前に駐車場の予約ができる。その場での直前予約も可能だ。 予約を入れた日は車の出し入れを何度でもすることができ、一日最大料金500円の価格設定だ。空き駐車スペースオーナーは、機器の取り外しなどは必要なく、契約費用も無料だという。

2月20日からリリース前日の4月24日まで、サービスの先行登録期間を実施して空きスペースを募集したり営業活動を行った結果、関西を中心に現時点で約32000台分の駐車場の空きスペースを確保し、リリース開始からすぐに利用者が集まっているという。

事前の広報活動とリリース直後の反響から、潜在的なニーズがあると確信しました。今後は、どのエリアに対して集中的に力を入れていくかを分析しながら、営業活動に努めていきたいです。まずは近いうちに駐車スペース10万台確保を目標にしています

現在は、ブラウザ版だけのリリースだが、近々スマートフォンアプリのリリースも予定しているという。併せて、事業を加速させていくために5月にも資金調達を行うと金谷氏は語る。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------