プロダクトの「使われ方」を分析するWizelineが670万ドル調達

SHARE:

Wizeline_-_SaaS_Product_Solutions__Product_Prioritization__Analytics___Roadmap_Tools

<ピックアップ>Product-management platform Wizeline raises $6.7M

プロダクト管理プラットフォームのWizelineがシリーズAで670万ドルを調達しました。Wizelineは自社サービスを開発する企業向けにプロダクトの「使われ方」を分析するサービスを提供しています。どの機能がユーザーにどのように使われているかを分析することで、実装する機能の優先順位をつけ、開発チームのリソースを効率的に管理することができるようです。

via VentureBeat

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録