【追記あり】ミクシィがチケットキャンプ運営のフンザを115億円で子会社化

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2015.3.19

mixi_ticketcamp

ミクシィは3月19日、チケット専門のフリマサービス「チケットキャンプ」を運営するフンザの全株式を取得し、子会社化すると発表した。

取得金額は115億円で、2015年3月末に全株式の取得を完了し、取得資金は借入金によって充当するとしている。

フンザの創業は2013年3月。創業2年目で大きく次のステップに進んだ。

チケットの個人間売買サービス「チケットキャンプ」は創業翌月の4月にサービス開始。当初からスマートフォンのアクセスが多く、現在も8割を占める。2014年12月時点で同サービスの流通総額は約8億円と前年比600%の成長を示していた。

ticketcamp

オープン当初に本誌でも取材しているが、アクセスについては当時から変わっていないようだ。まさにスマートフォンシフトの波に乗った事例といえよう。

参考:「PC版でも8割のユーザーがスマホ利用だった」ーー成長するC2C「チケットキャンプ」スマートフォン版を公開

ミクシィはモンスターストライクを成長させたマーケティング、アプリ開発、カスタマーサポート力を背景に、チケットキャンプの可能性をさらに拡大させ、チケットフリマ市場の過半数を3年以内に獲得するとしている。

mixi_ticketcamp_2

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------