「起業を再びやりたいとは思わないだろう」ーー創業者・田中氏が振り返るグリー創業からの10年 #bdash

by e27 e27 on 2015.4.17

gree-yoshizaku-tanaka

本稿は、B Dash Camp 2015 Spring in Fukuoka の取材の一部である。

(編注:原文の改変に伴い、初版から一部の内容を更新しました – 4月18日午前10時)

2015年4月10日(金)、日本の福岡で開催された B Dash Camp で、日本のソーシャル・ゲーム・インターネット企業である GREE の CEO 田中良和氏が登壇した。GREE の新サービスや新規参入分野について語ることはなく、日本の主要インターネット企業の一つを築き上げるまでの苦悩について、スタートアップやジャーナリストらと語った。

私は GREE を自分のアパートで趣味の一つとして始めた。このようになるとは思っていなかった。

田中氏は、2013年の GREE の初期のことをこう振り返った。

アメリカで Friendster が人気を集めているのを見て、田中氏は会社設立を考え、60年代に人気を集めた「六次の隔たり」(Six degrees of separation、知人を6人介すと世界中の人々と間接的な知り合いになれるという考え)から GREE と社名をつけた。

GREE のサービスは日本の若者の間で広く人気を集めた。しかしこのとき、田中氏は当時スタートアップだった楽天でフルタイムの仕事を持っていた。田中氏は GREE を趣味として運営し、自分のポケットからサーバや運営費を捻出していた。

サービスが10万人に達したとき、田中氏には決断を迫られる転機がやってきた。GREE を続けるために楽天のフルタイムの仕事を辞めるか、GREE をシャットダウンさせて毎日の仕事に戻るかだ。当時の GREE のユーザにとっては幸いなことに、田中氏は前者を選択した。

私のサービスを使ってくれる人が10万人以上もいたんだ。それをやめられるだろうか。

そして、目まぐるしくも2004年、友人で当時 CNET Japan の編集者だった山岸広太郎氏と GREE を公式に立ち上げることになる。

ベンチャーは魅力的なものではない。人を雇う必要があるものの金が無かった。倒産しそうだった。

田中氏はリスクの高い融資を得ることを余儀なくされたが、GREE は順調に成長していった。GREE のPC向けサービスは順調に伸び、新しいユーザが群れをなして、この新しいソーシャルネットワークを訪れ、その結果、田中氏の賭けは清算できたようだ。

会社を成功させるか潰すかという選択だった。

2000年代中盤になって、携帯電話の隆盛がやってきた。

当時、GREE は PC のみのプラットフォームで、PCベース SNS からモバイル SNS へと移ってゆく人々の移行率は、田中氏やチームにとって気がかりだった。

物事はフィーチャーフォンへ移るとわかり、PC からフィーチャーフォンへシフトを図らねばならないと思った。それは難しいことだったが、やらねばならなかった。

しかし、全員ではないまでも彼のチームには、反対する意見もあった。特に、エンジニアたちは、フィーチャーフォンへの移行が最良のアイデアだとは賛同しなかった。田中氏によれば、エンジニアたちはこのように言ったという。

こんな小さな画面をつくるために、エンジニアになったのではない。

しかし田中氏は、スマートフォンは人気が伸びることはなくても、ソーシャルメディア・プラットフォームとしては PC を遥かに凌ぐだろうと考えていた。

彼は事の緊急性についてスタッフをなんとか説得し、2009年末から2010年始めにかけて、GREE は SNS のすべての機能を iOS と Android 向けに対応させた。

やるか、やらずに失敗するかという選択だった。

「リーダーシップには統率力が求められる」と田中氏は説明する。2007年から2008年にかけてのスマートフォンがそうであったように、ある出来事が一過性のものに思えても、市場を変えるかもしれない瞬間を見逃さないよう、常にオープンマインドを持っておくことが重要だと述べた。

モバイルプラットフォームをローンチして以降、2億人以上が GREE で SNS またはモバイルゲームのいずれかを利用しており、そのうちのいくつかは、日出ずる国の外でも成功を収めている。田中氏は、(Facebook の)Mark Zuckerberg に次いで、世界で2番目に若い億万長者となった。

将来については、田中氏はゲームについて積極的な自信を持っている。

ゲームは間違いなく将来成長する。特に中国のスピードは速いだろう。

数年のうちには、ゲーム市場は現在の2〜3倍の大きさに成長し、特に中国や東南アジアがそれを牽引するだろうと、田中氏は語った。

自らの将来については、田中氏は今後も GREE への関与を貫くようだ。

起業には痛みを伴う。再びやりたいとは思わないだろう。

彼はそう締めくくり、聴衆からは大きな笑いと拍手が送られた。

【via e27】 @E27sg

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------