人工知能を搭載、英語で会話、家電の操作もできるキュートなロボット「MUSIO」

SHARE:

musio

クラウドファンディングサイトのIndieGoGoに、A.I.を搭載し英語で会話ができるロボットのプロジェクト「Musio」が登場して人気を集めている。すでに目標額の5万ドルの調達を達成、引き続き資金調達中だ。

Musio

「Musio」は、約16.8cm x 8.5cm x 22cm、重さは322gとデスクに置いていつも一緒にいられるサイズのロボットだ。英語で話しかければ、スムーズに会話ができ、時にはジョークまで言ってくれる。話しかければ話しかけるほど学習し、日々、賢くなっていく。

また、Wi-Fi経由でインターネットに接続し、天気の情報やスケジュールなどを取得して、それを話しかけて教えてくれたり、質問をすれば回答してくれる。さらに、自宅内のスマート家電と連携させておけば、「Musio」に話しかけることで照明やエアコンなどの操作を行ったりすることができるようになるという。

この「Musio」、性能の異なる3タイプ(Simple、Smart、Genius)のグレードが展開される模様だ。

Musio

上で紹介したような様々な機能を搭載しているのは、上位の「Smart」、「Genius」の2モデル。「Simple」については、会話機能のみを搭載した低価格のモデルとなる。市販予定価格は「Simple」が199ドル、「Smart」が399ドル、最上位の「Genius」が799ドルとなる見込み。

IndieGoGoでは、「Simple」を99ドル、「Smart」を299ドル、「Genius」を549ドルの支援から手に入れることができる。いずれも発送は2016年6月の開始予定とのことだ。



----------[AD]----------